3月 192017
 2017-03-19T18:15:56+00:00

どうも。正月以来ですか?まあ早いですね。いつの間にか3月も終わりそうで。何が何だか。どうしたらいいんですか?時という名の濁流に呑まれてしまいそうですよ…何もしないままに…。

それはさておき、ツイッター社さんがまたもややってくれました。どうして、こう、使いづらく使いづらあくしようとするのか。多分あれですよ。すごい嫌~な上司がいるんですよ。仕事もろくすっぽ進まないうちに喫煙所にすぱすぱタバコ吸いに行って、一時間くらいして帰ってくるなり「どうかね進んどるかね?」みたいな。そこで社内のデザイナーはいかにして自社の評判を落としてやろうかと日々企んでいて、まあ、今回のもその一環ですわ。とばっちり。トバッチリ。ああいやだいやだ。ねえ。なんでわてらがそんなアホな上司のせいで使いづらい思いせなあきませんのんかっちゅう話ですわ。とにかく今回という今回は、私の堪忍袋もどっか~んですわ。ああ、むしゃくしゃする。検索するたび、ハッシュタグクリックするたんびにイライラ~イライラ~して、もうカンベンならんわ~、っちゅうわけで、作りました。はい。

…というわけで、皆様にご好評いただいております「ストイックツイッター」に機能を追加いたししました。3月初めごろ?から突然でかくなって邪魔なことこの上ない例の検索結果(ハッシュタグ)ページのタイトル(検索した語句orハッシュタグ)のところのオビをググッと縮めてすっきり見やすくします!

【※3/24追記:やはりツイッター社の方で改悪だと認識されたのか、帯は縮まり、スクロールにも追随しなくなりました。したがって、ストイックツイッターでも今回追加した機能を削除し、バージョンも元に戻すことにします。】

こちらのページへGO!
ツイッターのフォロー・フォロワー・ツイート数を非表示にする (じゆうちょう ※このブログです)
※PCのFirefoxおよびGoogle Chrome用のユーザースクリプトです。

6月 192015
 2015-06-19T01:09:11+00:00

どうもご無沙汰です。またまた前回のエントリから3か月くらい経ってますね…。「1か月も空いてしまって~」とか言ってた頃が懐かしいですね…。まあ、こんなもんですよね…お別れでやたら寂しがって潤んだ目で相手を見つめて遠くから手を振って、まあ、それがピークで、あとは醒める一方ですよ。お手紙だって張り切って何枚も書いてるのは最初だけで、じきにネタも無くなって面倒にもなって1か月2か月半年1年と空いて気が付けば思い出にアーカイブされて引っ張り出すのすら億劫になって朽ちてゆくだけ…。

箪笥の肥やしになるというのは、朽ちるから肥やしになるんだな…。でも、肥やしになるのなら、それはそれで悪くはないのかもしれない。今までに溜め込んだこんなつまんない記事でも、たまたま検索してきた人の役に立つってこともあるかもしれない。それはつまりインターネットの肥やしみたいなもんで、そこから新たなコンテンツが芽吹いてくれれば、こんなにうれしいことはありません。嗚呼、それは時の流れを隔てて私とあなたがつながった瞬間。

SNSで刹那のつながりに夢中になるのもいいでしょう。でも、ほら、ご覧なさい。開闢以来先人の遺してきた書物、アート、いや、骨やDNAの断片ですら、現代に生きる私たちに語りかけてくるじゃありませんか。

日々の何気ないつぶやきもひょっとしたら何百年後の人類の心を打つかもしれない…。

そんなすばらしいtwitterのがっかりなところ。それは、非常にしばしば、ユーザーに不必要なものを押し付けてくることです。

 

つい最近も「こちらもおすすめです」などといって精度の低いリコメンドを個別ツイートページにくっつけてきました。

ジョブズなら何というでしょうか。

あの、洗練を愛したジョブズなら何というでしょうか。

 

「やれやれ」

彼はこうつぶやくといつものように顎をしゃくってエンジニアに指図しました。

「こいつを消してくれ」

「へ、へい!」

私は、体中から汗を染みださせながらモニタを凝視し、大慌てで以前作った「ストイック・ツイッター」にコードを書き足しました。

 

―というわけで、「こちらもおすすめです」がうざすぎて我慢ならなかったので、消えていただくことにしました。
↓ こちら(当ブログ過去記事)をご参照ください。
ツイッターのフォロー・フォロワー・ツイート数を非表示にする
(※ついでに「こちらもおすすめです」も「トレンド」も「おすすめユーザー」も消します)

 

 

「ででででできました」

「ご苦労。……んん?」

「!?」

「…こいつはSafariに対応してないね」

「はッ!!!」

「まずは君に消えてもらおうか」

 

 

(おしまい)

8月 012013
 2013-08-01T22:05:17+00:00
イラス書「なつ」

イラスト+書道=『イラス書』…「なつ」 (2010)

 

みなさんこんにちは。夏真っ盛り、海へプールへ楽しい季節がやってまいりました。お子様たちは長期休暇を満喫していらっしゃることでしょう。今どきの子供はうつむいてスマホを撫でたりつついたりばかりかと思いきや、私、先日、細い腕を震わしながら虫取り網を伸ばして、あと少しのところでのところで「ケギョギョケケ…」とセミを捕り逃す、そんな少年たちを見かけまして、何やら懐かしいような、嬉しいような、ほっこりと良い心持ちになりました。

 

ところで、、そんなことはおいといて、ここ数日このブログ及びトップページの「いろいろめも」告知しておりますとおり、当ホームページをリニューアルいたしました。結構な大工事で、手間取っていたのですが、それも取り敢えずはひと段落いたしましたので、改装記念ということで「イラスト夏祭り」を開催したいと思います!

…といっても、そんな大層なことをやるわけでもなく、何日か連続でブログに作品をアップしていこうかな…と、そんな「俺にしては頑張った」という程度のものでございます。

 

今日はその第一弾ということで、『イラス書「なつ」』をお送りします。

たしか、2010か2009年ごろに描いた…ような気がします。シリーズ化しようと思ったのですが、数枚くらいでやめたような気がします。まあ、文字イラストなんて別に新しくもないと思いますが、「イラス書」と銘打ったところがちょっとしたアレなわけですよ。

もっとも、この場合、猫は舌を出したり汗をかいたりして夏らしい感じにした方がトラディショナルな文字イラストかとは思いますが、「全然関係ない」のもちょっとシュールでいいですよね!?

どこかの編集者さんとかが「これ面白いッスよ!やりましょうよ!」とか言ってくださったら頑張るのになあ…とか、甘い期待(妄想)を抱きつつ、また明日。

 

※サイトリニューアルにつき、特に古いブラウザでは表示に不具合が出ているかとは思います。全く読めない等、致命的な不具合がございましたらご連絡いただけましたら対処できるかもしれません。

また、旧ブログの記事はほぼ全て新ブログに引き継いでおりますが、「カテゴリー別アーカイブ」はURLが変更になっており、「月別カテゴリーアーカイブ」は廃止させていただいております。個々の記事自体は無くなっておりませんので、お手数ですが、ブログ右サイドにございます「カテゴリー」「アーカイブ」よりご覧くださいますよう、あるいはリンクを変更くださいますようお願いいたします。

その他ご意見・ご質問等ございましたらコメント及びメールにてご連絡くださいますようお願いいたします。

 

1月 302010
 2010-01-30T22:22:11+00:00

こんばんは。

えー、このサイトの左側にグレーで表示してあったナビゲーションメニュー(ボタン)を変えました。どんなもんでしょうか。パッと見てすぐに分かると思いますが、以下に変更点を挙げときます。
【変更点】
・文字(ボタン)を大きくして、項目を絞りました。
・作品をご覧いただくための主要なコンテンツを強調するため、「リンク」「ゲーム」「音楽」は、”おまけ”という扱いにして、ナビからのリンクを削除しました(ページ自体は存在していますので、トップページやサイトマップ、各ページ最下部の文字リンク、フラッシュコンテンツの左下の★メニューなどから訪問できます)。
・「メール」「ホーム」のボタンをアイコンにしました。
・「イラスト一覧」→「作品集」に名称変更。
・「news」→「じゆうちょう」に名称変更。
・「English」→「English ver.」に名称変更(※各ページの英語版ページへのリンク)。
・「ホーム」へのリンクURLを「http://www.jfkooya.com/」にしました(今までは「http://www.jfkooya.com/index.html」)。
…そんなところでしょうか。ご意見・苦情等ございましたらコメントorメール願います。
なお、表示が変わっていない、乱れる、といった場合は「再読み込み」で直るはずです。
一度直っても再度訪れたら乱れてる…というばあいもあるかもしれませんが、すぐに落ち着くと思います。
※万が一どうしてもうまくいかない…といった際にはこちら(↓)をご参照ください。
12月 142009
 2009-12-14T00:12:17+00:00

展示会『紅い花』DM by J.F.Kooya

こんばんは。
本日より『WebギャラリーJ』の展示内容が替わります。
来年の3月28日まで開催の予定です(延長の可能性あり)。
ここ数年研鑽を重ねた独自の技法と表現による自信作揃いです。
ぜひご来場ください。
感想なども寄せていただけましたらありがたいです。
※なお、内容が変わらない場合は、こちら(↓)の記事を参考にしてみてください。
取り急ぎお知らせまで。
よろしくお願い申し上げます。
9月 292009
 2009-09-29T22:48:32+00:00

こんばんは。

当ホームページのトップページ(home)を少し模様替えしました。
一番上のフラッシュ部分は今までのままで、下の方のHTML部分を変えました。左側の10作品には現在の最強メンバーが入る予定。だけど、全体的な色味などのバランスを考えて置くので、必ずしもそうとは限らない。小技が冴えたり守備の堅い選手も…みたいな?
自分の見て欲しい作品を前面に押し出してゆきたい、という方向性をより明確にしたつもり。
その考えでゆくとギャラリーや作品一覧のページも手を入れねばならないのだけど、とりあえず今回はトップだけ…ということで。
元々全体的なバランスが悪くて気になってたし…。ちょっとはマシになったかな?
これが功を奏して仕事がジャンジャン入ってきたらいいなあー。
早くバリバリ仕事こなせるようになりたいなー。
「今日は何の日でしょう?」とかラジオで言うから考えてたら「牛肉(9.29→きゅうにく→ぎゅうにく)」の日だったらしい。僕の答えは「狗肉(9.29→くにく)」の日。こっちの方がムリが無くていいよね。
8月 022009
 2009-08-02T04:51:33+00:00

こんばんは。

あー早いですね。もう8月ですか。
それにしてもイマイチ夏らしくならない。あんまし暑くない。まあ、あんまり暑くてもイヤですが…、こう、カラッと晴れてそれでいて暑さもほどほど…とかなんないもんですかね(ワガママ)。
ところで、最近『ギャラリー青空』に新作を数点追加して、それまであったヤツはどこに行ったか、というのをお知らせしていなかったので、念のため申し上げます。
ウェブギャラリーJ』の過去の展示と被っていたものは、現在は過去の展示もこちらや、『イラスト作品一覧』から見れるようになっているので、そちらをご覧ください。
それ以外は『イラスト作品一覧』の『others』カテゴリにてご覧いただけます。HTML版は用意していません。
今後もそんな感じでよろしくです。
話は変わりますが、『イラストノート』主催の『ノート展』が、年一回開催に変わるそうです。
…「えー?」とか「はあ?」とか言いたくなりますが、そうらしいです。
特に理由は書いてありませんでしたが、まあ、要は「キビシイ」ということでしょう。毎号開催するだけの予算が確保できない、とか、雑誌が思うように売れていない、とか、応募数も期待したほど伸びない、とか…。
でも、そうであったとしても、もう少し他に変えるべき箇所があるような…。
例えば、変更後も審査員3人制みたいですが、『ザ・チョイス』(以下『チョイス』)みたく毎号1人にするとか。
それから、応募票をダウンロードできるよう(つまりチョイスと違って雑誌を買わなくても応募できる)にしていたのをやめるとか(でも、それだと応募者数が減る可能性もあるか…)。
応募者に愛想を尽かされないように、応募作品を適切に管理・返却するとか(応募してから作品返却まで数ヶ月かかる。しかも、僕の場合、作品保護用の透明フィルムやエアパッキンが無い状態で帰ってきた…–; ちなみにチョイスは直接なら数日、郵送でも10日前後くらい。「原則、返却はいたしません」と記してあるのに原画を送らねばならないのも解せない。それならばコピーで審査すべきだ。こんなに作品管理がずさんなのに、それでも出してみようかと思うのは、数少ないチャンスに対する「ワラにもすがる」ような気持ちからだ)。
それにしても残念だな。隔月のチョイスの間をうまいこと埋めてくれることを期待していたのですが…。
まあ、とにかく、せっかく年一回になるのだから、きっちりと充実したコンペにしてくれるようお願いしたいです。
あ、そうだ。チョイスでは自分のサイト上で発表した作品であっても審査対象になるのですが、『ノート展』の方は「インターネット上を含め不特定多数が目にする場に掲載した作品は発表済みとみなします」とのことです。うーん…どうなんだろう。ただでさえ応募から発表、さらに返却までの間が超長いのに… –;
難しいな…「出力が最終形態」ということにしておいてプリントしたヤツを送るのが無難かもしれない…かな…?
『イラストノート』の中の人が読んでいてくれたら良いのだけど、それは無いかな…とにかく再考願いたい点がいっぱいだ。
イラストが使用されることが減って、デザイナーが描いてしまったり素材集を使ったり、その一方でイラストレーター志望者は増えている(推測)のを示すかのごとく彼らをターゲットにしたビジネスは次々に誕生している(コンペとかギャラリーとか本とかサイトとかスクールとか)。
そんな中でも『イラストノート』には『イラストレーション』の対抗馬として今後も頑張ってほしい(一応まとめてみました。それにしても昔は『デザインの現場』でもイラストの誌上コンペやってたのになあ…)。
※「イラストレーター志望者は増えている」の推測の根拠のひとつとして『ペーターズギャラリーコンペ』の応募人数の推移を挙げる。
2002年:360名
2003年:386名
2004年:526名
2005年:573名
2006年:439名
2007年:555名
2008年:741名
2009年:606名
なんで『ペーターズ…』を選んだかというと、たまたまWebで情報が手に入りやすかったから。審査員ほかの要因によって変動はあるかとは思うけど、概ね増えているといっても良さそうだ。本当はもっと前のデータが欲しかったのだが。
次に『ザ・チョイス』のデータを挙げるけど、最近のものしかWeb上に残っておらず、ちょっと何とも言えない。しかも審査員による差が激しい…–;
何号か前のに第一回チョイスからのデータが載っていたような気もするけど、今ここ(埼玉)には無い…。
以下、左から「回」「審査員(敬称略)」「応募人数」の順。
第137回 土井章史 850人
第138回 田名網敬一 800人
第139回 大久保明子 900人
第140回 白根ゆたんぽ 650人
第141回 大久保裕文 約600人
第142回 D-BROS 約700人
第143回 しりあがり寿 約850人
第144回 飯田淳 約880人
第145回 佐藤直樹 約713人
第146回 佐野研二郎 約604人
第147回 めぐろみよ 約590人
第148回 山本タカト 約610人
第149回 有山達也 約960人
第150回 湯村輝彦 約750人
第151回 緒方修一 約800人
第152回 寺田順三 約600人
第153回 森本千絵 約630人
第154回 木継則幸 約600人
第155回 箭内道彦 約770人
第156回 リリー・フランキー 約990人
第157回 セキユリヲ 約870人
第158回 平川彰 約600人
第159回 松尾たいこ 約610人
第160回 山口晃 約600人
第161回 松浦弥太郎 約750人
第162回 安西水丸 約700人

第163回 葛西 薫 約900人

第164回 荒井良二 約700人
第165回 名久井直子 約650人
第166回 祖父江慎 約700人
第167回 木内達朗 約600人
ちなみに第137回のが2004年になります。
ね?増えてんのか減ってんのかさっぱり分かんない。しかも途中から「約」って付き出してどんぶり勘定になってくる(笑)。大丈夫かイラストレーション編集部。まさか指で勘定してんじゃないだろうな。
装丁やってる人気ADの回は人数多いよね。祖父江氏の回がそんなでもないのが謎だが。
リリー・フランキー氏の回が多いのは…ファンが応募してるからか??
まあ、明らかなのは、こんなの調べてるヤツはよっぽど暇を持て余しているんだろうな、こんなことやるヒマがあったら絵の一枚でも描けばいいのに、イラストレーターよりもこんなオ仕事の方が向いてんじゃないの?ってことだ(あと、ここに挙げたほとんどの回に応募してて、しかもこれ以前から応募しているので、このままじゃ「最多落選回数」の記録を作ってしまいそうだ)。
もう寝る。
7月 222009
 2009-07-22T00:54:49+00:00

J.F.Kooya 近作イラスト展『外野フライ』のDM

こんばんは。
お待たせしました。Web展示会のお知らせです。

2009年7月22日から10月22日まで、ウェブギャラリーJにて、
J.F.Kooya 近作イラスト展『外野フライ』を開催します。

近作、新作を集めた展示会です。ほぼ同じ時期に制作したものにも関わらず、様々な技法を使用した、彩り豊かなものになりました。」(解説より抜粋)

…というとおり、様々な画材・技法を使用した、多彩なイラストをご覧いただけます。
もしよろしければ、ご感想をいただければ幸いです。

なお、前回の展示会の画像・データが残っていて、「ページの更新」をしても切り替わらない場合は、
こちらの「ブラウザ別、キャッシュ(一時ファイル)を消去(削除、クリア)する方法」
…という記事をご参考ください。

皆様のご来場をお待ちしております。

2月 232009
 2009-02-23T03:06:36+00:00

こんばんは。
現在『WebギャラリーJ』で開催中のJ.F.Kooyaイラスト展『色MONO』の作品を一部入れ換えました。新しいものと入れ換えた分については『イラスト一覧』(アーカイブ)のページの『others』のカテゴリにてご覧いただけます(要スクロール)。

自信作で揃えたつもりだったのですが、改めて見ると「あれ…うーん、イマイチかなあ…」と早くも思い始めてしまったので、思い切って入れ換えました。これで少しは自信度がアップしました。なかなかのメンツが揃ったのではないでしょうか。

「せっかく一通り見たのに…しかもキャッシュされてるから画像前のままだし…めんどくせーーー。」…という方もいらっしゃるかもしれませんが、まあ、3ヶ月ほどは開催してますので、もしよかったらまたしばらくしてから様子を見に来ると、ちょうどいいかもしれません。ご面倒でなければ例によってキャッシュクリアーなぞしていただければ新作をご覧いただけます。よろしくお願いします。

それでは。

2月 152009
 2009-02-15T12:07:28+00:00

iro_mono_dm.jpg

こんにちは。
お待たせしました。

J.F.Kooya イラスト展『色MONO』公開です。
場所はWeb上、『WebギャラリーJ』にて。
会期は、2009年2月15日~5月31日まで。

アクリルガッシュ、あるいはそれプラス黒インク、色鉛筆…色々な画材を使用し、さらに切る、貼るといった過程を経て、できあがった多彩なイメージ…。J.F.Kooyaの新境地。ぜひご高覧ください。(※ギャラリーの解説より)

…というわけで、ようやく開催に漕ぎ着けました。
今回の展示会はかなり自信があります!過去最高傑作と言ってもいいでしょう。しばらくしてテンション落ちてから見たらやっぱり自己評価やや下がりましたがね…–;

しばらく凝っていたモノクロの技法に色を足そうと思い、いろいろ試みたのですが、「切る&貼る」というのが一番効果的かもしれません。おかげで「異なるイメージの意外な組み合わせ」というコラージュ的な効果も生まれて、いい感じになりました。

アクリルガッシュのみの作品も「剥離紙(シール台紙)」の「裏」(絵の具をはじかない)に描くことで、黄味がかった紙色の生きた良い風合いが出ていると思います。

みなさまぜひご高覧ください。そして願わくばアンケートを、さらにはイラストのご注文もいただけますと大変うれしいです!

どうぞよろしくお願い申し上げます。