1月 012017
 2017-01-01T14:46:51+00:00

2017年の年賀状 by J.F.Kooya

【絵:2017年の年賀状(2016)】

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
挿絵・装画、本でもウェブでも、イラストレーション全般そのほかご相談承りますので本当によろしくお頼ん申します。

どうでしょうか。自分では結構気に入っていますが、ひょっとしたら不謹慎だとか信条に反するケシカランだとか思われる方もいらっしゃいますでしょうか。そうでしたらごめんなさい。思いついちゃったんでゴメンナサイ。
ちなみに昨年の年賀状のつづき?みたいになってます。

しかしアレですな。色鉛筆はいいですな。扱いが楽だし、小回りは利くし。塗りのインパクトが弱い以外は完璧じゃないでしょうか。そういえば色鉛筆でおもくそゴリゴリ塗る方もいましたが。実は今年もっと使おうと思っている画材のひとつであります。どうなりますことやらですが…。

 
なんしかみなさまも私も良い一年になるといいですね。ではまた。

12月 312016
 2016-12-31T19:55:32+00:00

【絵:Rakugaki Girl 2016-01 (2016)】

なんというか、今年は、特に成果の無い一年でした。成果が無い、というのは、コンペに入賞せず、仕事の依頼も無かった、という意味です。

コンペに出した作品はアップしていませんが、そこそこ時間をかけていたり、自信があったりしたので、リベンジ(作り直し)したいな、と思っており、それゆえ公開せず温存しているわけです。
うっかり自信があったりしてしまうと、ショックも大きくて、しばらく落胆して暗い気持ちで過ごしていたりもしました。

で、今メインで使っている技法も、あれこれ工夫を重ねてきたものの、あまり評価されていない感じがしますし、なかなか欠点も克服できませんので、まあ、いったん置いといて、ちょっと別の技法をメインに据えてやっていこうかな…と考えてもいます。その辺また研究を重ねていくのが来年のテーマの一つです。

そんなわけで、皆さま、今年も一年お世話になりました。来年もまたよろしくです。どうぞよいお年をお迎えください。

 

P.S. そうそう、今年は早々と年賀状出し終えて、悠々と年末を過ごしております。きっと出した人には元日にご覧いただけることでしょう。毎年切羽詰まって焦って書いていたので、ちょっぴり感無量です!毎年こんな感じでいきたいですね。

8月 072016
 2016-08-07T04:10:32+00:00

ラクガキ 140131-02 (顔)こんばんは。今回はちょっと久しぶりに絵…まあ、ラクガキですけど…をアップしてみます。
こちらは
【ラクガキ 140131-02(2014)】
…とでもしておきましょうか。インクの上に油彩で黄色を重ねているのだと思います…多分…(2年も経っているとほとんど覚えていなかったりする)。水と油ははじき合うのでインクが溶解しなくていいのですが、紙がはくり紙なので定着が弱く、これはこれで問題があります。

この技法はなかなか面白いと自分では思っているのですが、難儀なことも結構多く、やっぱりオーソドックスな技法の方がいいのかもな…という気もしています。
試しに描いてみるときは人の顔を描くことが多く、これもそうなのですが、こういうお試しの時に結構良い表情が描けたりするので困ります。

 

ラクガキ 140131-03 (顔)次もお顔です。
【ラクガキ 140131-03(2014)】
同じようにインクの上に油彩で青色を塗っています。これは(上のものと違って)一応正面から撮っていますが、ちょっとツヤが出てますね。
紙の色が黄色っぽいので、青がなかなかいい感じに載っている気がします。「色が載る」ってこの漢字でいいんでしたっけ…?
ところでこれはどういう場面なのかイマイチ判然としないのですが、この感じのテクスチャで作品作れば結構かっこいいヤツができそうな…??頑張ろう…。

 

 

 

 

 

 

ラクガキ 140131-04 (魚)

はい、最後はこちらです。
【ラクガキ 140131-04(2014)】
魚…みたいですね。多分適当に描いているので実際にこんな魚がいるのかどうか怪しいものですが、まあ、どちらかといえば犬や猫というよりは、まあまあ、魚っぽい気がしますので、良しとしましょう。
彩色はしていません。尾びれとか結構リアルに見えるのがいいですね。なんとなく焼き魚みたいな雰囲気がありますが…。さりとて美味しそうでもないですけど…。

…というわけで、「作品として公開するほどでもないけどまあまあいい感じに見えるラクガキ(習作?)」を載せてみましたが、いかがでしたか?いかがもなにも、「ふ~ん」ってところかとご察ししますが、未公開作品や写真もかなり溜まっていますので、できれば公開していきたいです。……が、今回、改めて公開用に画像を加工するのってクソ面倒臭いな、と再確認しましたので、よっぽど頑張らなければ、次は年賀状あたりでしょう。

ではまた!

 

12月 132010
 2010-12-13T01:23:01+00:00

イラスト『涙消し』 by J.F.Kooya


で、前回の作品撮影の話の続きです。

今回のイラスト(↑『涙消し』(2010 / oilbar))はデジタル一眼で撮影したものです。比較的フラットに、うまく撮れているのではないでしょうか。
やや陰影がついてはいるものの、この程度ならPC上で簡単に補正できます(個人的には陰影が付いていた方が雰囲気が出て好きですが)。

この程度のクォリティーならば、Web用~A4印刷用ならば何とか使えます。
当然スキャンした方がいいに決まっているのですが、分割スキャン→合成の手間を考えればこういう手も「アリ」…だと勝手に思い込んでいます。

また、手間が省けること以外に、「作品が乾燥していなくてもデジタルデータ化できる」というメリットがあります。最近「オイルバー」という乾燥に時間のかかる画材を使い始めたので、その点もかなり大きい(手間よりもこちらの方が、かも)です。

もし僕の他にも「作品スキャンするのめんどい」「乾燥するまで待てない」という方がいらっしゃいましたら、選択肢の一つに入れてもいいかもしれません。

12月 112010
 2010-12-11T12:12:34+00:00

108.jpg

前回のブログで予告した時間よりも3時間ほど遅れて、ようやく近作展『おせいぼ』公開できました。

HTML版
作品集(Flash)
…にて開催中ですので、どうぞよろしく。

見てくれないとこんな風に(←イラスト『ぼっち』)すねちゃいます。

なお、『WebギャラリーJ』のFlash版は、やはり見づらいので今後HTML版をメインに持ってくるか、新しいのを開発するかしようと思ってます。

12月 052010
 2010-12-05T15:25:14+00:00


oseibo_dm.jpg

そんなわけで、近作展『おせいぼ』をやります。
2010年12月5日夜~2011年2月5日まで、の予定ですが、都合により多少~大幅に変わります。

今年の後半、特にHBギャラリーコンペ用に書いたものが中心になります。
おなじみの黒インク主体の作品もコンペには出したのですが、今展は「オイルバー」によるもののみで構成しようと思っています(今日からなのにまだどれ出すか決めてない)。
本日、おそらく20時あたりにはアップできるように頑張ります。
お暇があれば、サクッとご高覧いただければ幸いです。
よろしくです。