8月 292009
 2009-08-29T00:59:54+00:00

イラスト『カチカチ山』by J.F.Kooya

こんばんは。
絵を描いていると、「あ、こういう手はどうだろう」とついつい新しい技法やモチーフを試してしまったりするのですが、あんまりやりすぎると自分を見失います。
今、ちょうどそんな感じ。
「おっとっと」と我に返って収集を図るのでした。
今回はお蔵入りイラストです。↑『カチカチ山』。去年の作品です。
やはりこの技法は好きだなあ。インク乾きにくかったり、小回りが利かなかったりするけど、似非リアルなテクスチャがグッとくる。
描いた当初は「何コレ変なの」と思って発表しなかったのですが、しばらく経ってみると可愛く思えるものです。
でも、やっぱ変。
愉快なのか深刻なのか。
あ、でも『かちかち山』ってそんな話だ。
ではまた。
4月 062009
 2009-04-06T00:23:58+00:00

抽象イラスト『ap02』 by J.F.Kooya

こんばんは。
さて、前回の続きです。
作品(↑)は『ap02』(2006)です。インク&アクリル。

この方向で見ると「変わった風景」のようにも見えますし、逆さにすると「波間に飛ぶアカエイ的な飛翔体(?)」のようにも見えるかもしれません。実は最初は時計回りに90度傾けて「魔術師」に見せて(見えて)いました。

さて、予告どおりのお話しに移ります。

・抽象は「イラスト」なのか

「イラストレーション」とは元来「説明(画)」という意味らしいので、抽象画は厳密には「イラスト」とは呼ばないかもしれませんが、「誌面(画面)を構成する要素のうちで文章でも写真でないもの」と規定すれば、まあオッケーでしょう。「漠然と記事の意味するところを説明している」としても良いかもしれません。まあ、呼び名とかカテゴリーなんてどうでもいい気もしますが…。「写真もイラストの範疇だ」と言われればそんな気もしますし…。

・最近の作品も結構抽象入ってる

『ウェブギャラリーJ』で開催中のイラスト展『色MONO』で公開している作品も、一応タイトルは付いていますが、実際に見たものを描いているものはあまり無いわけで、「『おしゃれタマゴ』について説明してください」と言われても、「えっと…これはヘビで、こっちはタマゴで、えー、で、えー、親…ヘビの趣味で子であるタマゴにオシャレさせてるっていうか、えーと…」とか、あまり上手く答えられない。

その辺ならまだいいけど、『トマト』や『街角』に至っては70%くらいは抽象な気がする。…いや、「シュール」かもしれませんね…考えてみたら…(すんません、あんま自信無いです)。

イラストスクールに行っていたときに先生に「描いた絵の説明ができないようではダメだ」と言われたことがあるけど、まあ、必ずしもそうとは限らないのではないかな、とも思います。確かに仕事では、はっきりと「何か」を描く場面が多いようですが。

それにしても「魅力的な抽象」を描き続けられる人は、頭の中のどっかでその映像が見えてたり、現実にある物がその人にはそのように見えたりするのでしょうか。あるいは完全に計算して構成するのでしょうか。いずれにしてもすごいですね…。

個人的には「抽象的な要素を持ちつつも、かろうじて具体的な何かに見える」とか、「写真では説明できない事象を漠然と説明してみせる」とかのあたりを狙いたいですね、今は。まあ、その目的がうまく果たせているかどうか疑問ではありますが…ていうかそこまで考えて描いてないというか…。

ではまた。

4月 042009
 2009-04-04T01:29:34+00:00

イラスト『ap01』 by J.F.Kooya

こんばんは。
どうやら本格的に春という感じがしてきましたね。とはいってもまだ寒い日があることを予想して、部屋の装備は冬のままでいきます。いつでも(寒さと)戦闘できる態勢を維持しながら春を満喫する…といったところでしょうか。完全解除は例年だと5月中旬ごろです。

ところでみなさんは抽象画はお好きでしょうか。モノによりますが、僕はかなり好きです。自分の想像で様々なものに見えるというのはなかなか面白いものです。

というわけで、僕も抽象やってみました。…とは言っても数年前の作品ですが。

←『ap01』(2006)です。

「ap」は、「abstruct picture」の略で、よくある「コンポジション IV」とかと同じようなニュアンスを狙っています。要は「無題」ってことですが、まあ管理用に連番でも振っとこうかと。

作者にとって「○○」に見えるなら、「○○」ってつけてもいいのかもしれませんが、せっかくの抽象なので幻視感・トランスフォーム感をみんなにも楽しんでいただきたいものですよね。
僕にはあの部分がアレに見えて、アレをアレしてるところかも、とか思うとドキドキが止まらないわけですが、みなさんには何に見えますでしょうか。もし良かったら私にこっそり教えてくださいね。嗚呼なんだかワクワクしてきました。

もひとつシリーズがあるのですが、それはまた次回にまわすことにします。あんまし気前いいとネタ切れしますからね…^^;

それではまた。

次回予告
・抽象は「イラスト」なのか
・最近の作品も結構抽象入ってる
(実は自分用に予告書いてます…忘れないように…^^;)

3月 082009
 2009-03-08T23:07:04+00:00

59.jpg

こんばんは。
もうすっかり春…という感じですね。まだ寒い日はあるので油断はできませんが、「春モノ」とかはこの時期に着ておかないと、あっという間に暑くなって着れなくなってしまうのも事実です。天気予報を上手に活用して、かしこくオシャレしたいものです。

…なんて、適当に季節感を出してみましたが、いかがでしょうか?
みなさんお元気ですか?

イラストは『つりびと』(2006)です(→)。お蔵入りイラストです。ちなみにポップアップはしません。元のデータがこのくらいのサイズでしたので、これが最大です。インク+PC。

「釣り」といえば、子供の頃に親父に連れられて釣堀に行ったことがあるくらいで、ほとんど縁がありません。川魚を手づかみして食べたことはありますが、それは釣りじゃないですね…。

僕は自給自足生活に憧れているので、ある意味必要な技術かもしれませんが、食べるためなら「養殖」の方が効率がいいのではないか、という気もします。

よく(?)庭の池でコイなぞを泳がせていたりしますが、どうしてその池を活用して養殖を始めないのか不思議でしょうがありません。イワナとかニジマスとかウナギとか殖やしたらいいのではないでしょうか。まあ、コイも喰えるとは思いますが、コイって美味しいのでしょうか…?ほっといたら勝手に殖えてくれそうで手間要らずな感じはしますが…。

ところで話は変わりますが、先日蒔いた「小かぶ」と「ねぎ」の芽がまだ出ません。やはり、「蒔きどき」よりも半月ほど早いせいでしょうか?雨が続きましたし日当たりも悪いですしね…。うーむ、おのれ高層マンション。高層マンションに関しては日照以外にもエアコンの排気熱とかも心配ですね。北朝鮮のビルみたいに「資金難のため建設途中で放置」とかなったらいいのになー。ガンバレ!(誰が?)
とりあえず「土の表面が乾かない程度に水やりして待つ」かな?

年度末でとにかく一時的にでも売り上げを上げるためか、ちょこちょこかなり安い食品が出てきてうれしいです。先日の納豆4段69円(普段は3段でこれくらいの値段でも安い)にはシビレました。ただ、毎日ちらし(Webの)をチェックしているわけではないのでよく買い逃してしまい、「ああッ昨日こんなに安かったんだ!」ということもしばしば。「メール配信」とか使おうかな…。百均も「あまり売れなかった200円以上の商品」が出回ったりしてうれしいですよね。まあ、そういうの買っても「ああ…こりゃ売れんわ」ってなることも多いですけど…。

「おやどうしたんだい、今日はずいぶんとおしゃべりじゃないか。」
「そ、そうかい?な、なんでもないさ…(いかん、特売品の話題が出るとつい…)。」

それではまた。

3月 012009
 2009-03-01T21:04:28+00:00

イラスト『レモン持ってポーズ』by J.F.Kooya

こんばんは。

やはりまだ寒い日もあるようですね。今晩は冷えるし、明日はもっと気温が下がるらしいですし、油断できません。

今日のお蔵入りイラストは『レモン持ってポーズ』(2006)です。インク&PC。

今度は…被ってないですよね?うん。先日の「ド忘れ」は少なからずショックでしたからね…–;

わりと気に入っている作品です。PC上での塗りは安定していてこれはこれでいいですな。その点では今っぽいといえるかもしれません。レトロっぽいのも今っぽい(ややこしい)か?

レモン持ってるのは、そう、あのTV情報誌のイメージです。今もあるのでしょうか。あんまよく存じませんが…。
何かアクセントになるものを持たせて写真を撮る、というのはよくあると思いますが、それが「果物」だと何となく昔っぽい気がします。教科書・教本とかでもよくあるかな。

話は変わりますが、今日買い物に行きまして、お気に入りの「ご飯に混ぜるタイプのふりかけみたいなヤツ」(正式名称不明)を買おうと思ったのですが、同じ商品が新旧両パッケージで混在しておりまして、よく見たら新しい方は内容量が10%ほど少ない。

まあ、昨今では「いつの間にか容量が減ってた」というのはよくある話ですが、これは大変に不誠実な態度だと思うわけですよ。

増量や割引をしたときは大々的に書くくせに減量はこっそり、です。これって消費者を騙しているのと同じですよ。不当表示だといってもいいでしょう。こちらは「以前と同じもの」を求めているつもりでも実は「別もの」なのですから。

やはりここは「10%減量!」「一個減らしました!」「一層不味くなりました!(当社比)」とか正直に表示するべきだと思います。そのような誠実な態度こそが消費者の信用に繋がり、ひいては売り上げもアップするはずです。そしてそれは景気回復の原動力となります。企業の方から購買テンションを下げるようなアプローチをしてどーすんだ、という話です。
「大丈夫アイツら阿呆やからバレへんバレへん。」とか思ってんですかね。裏側にでも「お詫び」とか「お断り」とか題して事情を記しておけばまだ好感が持てるものを…。

「信用できない」という意味では彼らは敵ですから、こっちは戦わなければなりませんよね。いや、元々敵かもしれませんが、うまいこと味方だと欺かないと。

「買い物は戦いだ」
どうですかねこのコピーで。
語呂もいいですね。タタカイモノ、とかもアリか?

WebギャラリーJ』で開催中の『色MONO』で公開中のイラスト『消費者たちの逆襲』を観るとき、そんなことを考えながら見てみるのも楽しいかもしれません。でも、勢い余って会長宅に乱入、取調べで「あのイラストに焚き付けられた」とかゲロするのはナシですよ。まあ、あっちの方が今の僕よりもいい食生活送れそうですが…。

それではまた。

2月 272009
 2009-02-27T00:59:49+00:00

57.jpg

こんばんは。
久しぶりにお蔵入りイラストをアップしてみました。

『月光』(2006)です。
黒インクで描いたものをスキャンしてPC上で要素を追加、および加工したものです。

思い返せば黒インクを使い始めたのはこの頃で、ちょっと特殊な自作の「筆」でスピーディーに流れるようなラインを描くのが自分の中で流行っていました。あまり小回りが利かず、偶然性があるところも面白がっていました。今でもそうですが、自分の意図しないものができるというのは新鮮味があって何とも魅力的に感じます。それがあるからこそ絵を続けているといっても過言ではないかもしれません。

「この画風で」とご注文いただければ、喜んで描くつもりですが、最近のものとはかなり異なった技法ですので、ちょっとリハビリ?が必要ですね…^^;でも、頑張って描きますよ!イラストのご注文お待ちしております!

それではまた。

※後で気がついたのですが、『イラスト一覧』の『others』のカテゴリに同じ作品の黒インクのみのバージョンが『猫』というタイトルでありました。まあ、両者の差異を楽しむ…ということで…しかし…モノ忘れって怖いな……–;

10月 292008
 2008-10-29T12:31:49+00:00

33.jpg

こんにちは。

えー、本当は 『HBファイルコンペ』や「バイト探し」など、
こなさなければいけないイベントが目白押し(え?2つだけですが…)なので、
ブログの方はしばらくお休みしようと思っていたのですが、
書いとかないと忘れてしまいそうなのでそれからお休みにします。

↑上のイラストはお蔵入りイラスト『物干し竿』(2004-2005あたり)の一部を使って
タイトルにしたものです。
『珍コミュニケーション』というのは、僕の身の回りに起こったちょっと変わった出来事を
記していくシリーズに付けたタイトルで、以前書いた『0083は二度死ぬ』を第一回目として
今回は第二回目ということになります(『0083』を「オバサン」と読まそうとしたのだが、
これでは「大オバサン」だ。どーでもいいけど)。以降お楽しみに。

さて、先日僕はコインランドリーに行きました。
これを読んでくれている方のほとんどのお宅には「洗濯機」とかいう超便利なマシーンが
あるかと存じますが、生憎(あいにく)、僕は貧乏なので(あんま欲しくないし)持っていません。
それゆえ洗濯もんをたらふく溜め込んでそこへ行くのです。

で、晩の8時ごろに店に着き、無人の店内を見渡し、
「あれ、今日は僕一人か(大体誰か居るのです)」とか考えながら百円玉を3枚機械に投入し、
「シャワーボタン(洗濯槽を10から20秒ほど洗う。
…気休め程度ですが、最近のにはそーゆう機能が付いている)」を押し、
それが終わると洗濯物を放り込んでいきます。
途中で申し訳程度の洗剤が自動投入されますが、
それだけでは足りないので自前の洗剤(粉石鹸)を入れます。

するとその時、
「あ゛あーー入れたらアカン!!」と、店外から怒鳴られ、
ビビった僕は手を止めて声の方へ振り返りました。
汗の染み込んだよれよれのTシャツを着たお爺さんが慌てて入ってきます。
僕は無視して作業を続けようとしましたが、
「それは洗剤入れたらアカンのやー。」
と老人に怒られました。

「この機械は洗剤の泡の量を感知して動きよるさかい、
余分に洗剤入れると止まらなくなるんやー。
それに自動で洗剤入ったやろ?
すごい濃い強力な洗剤やからそれだけで充分なんやー。」

自動で入る洗剤だけでは全く泡が立たないので、本当にそれを感知するのかどうか
きわめて疑わしいところです。

「でも、自動で入る洗剤だけじゃ足りませんよ。ほら、全然泡たってないし。」

「いやーー、それはそういうそれやから、充分足りてるんやー。
もうすごい濃いヤツだからもうそれだけで汚れ落ちるんですわー。
ね、ここにも”洗剤は自動で入ります”って書いたあるでしょ?
それやのにみんな自分で洗剤入れはるからこんなんすぐ故障して。
もうかないませんわ。
ここにはっきり書いたあるのになあ。」

「そんなによく故障するんですか?」

「ええ、もうしょっちゅうですわ。
せやからこうやってしょっちゅう見に来てるんですよ。
これ去年買った最新の機械ですよ。
この、”シャワーボタン”っての最初押さはった?
これ押すと最初一分か二分くらいシャワーで中を洗って
衛生的に使えるようになってるんですわー。」

本当は「シャワー」はせいぜい20秒程度なのですが、
面倒なので突っ込みません。
老人の話に付き合っている間にも洗濯槽(漕?)は回り続け、
残念ながらもう既に手遅れです。僕のなけなしの三百円はパーになってしまいました。
誰だったか、
「自分はいつもポケットに三百円を持っている。
たかだか三百円だが、持っていると何でもできるような気がしてくる。」
とか言った人がありましたが、まさにそれを失った僕はひどい絶望感に襲われたのでした。

34.jpg(←イラストは『ビトイーン』2004-2005ごろ)

思い返せば、僕は「老人キラー」でした。
いえ、最終的に「キル(「キス」ではない。
どっちでもゴメンだが)」されるのは僕なので、
「キラー」ではないのですが…。

与論島に行ったときもそうでした。
芋焼酎(?)を飲みながら自慢話を続ける
老人の話になぜかつき合わされ、
気が付けば小一時間くらい
経っていたでしょうか…。

ホームヘルパーの研修で老人ホームに
行ったときも、元々自転車の会社の配送係だった
という爺さんの話を聞かされました。
北から南まで日本各地を
走り回っていたそうですが、その会社がN社(今は”N”ではありません)に買収され、
仕事を失ったとかいう話でした。
N社の自転車部門が高評価なのはそこの高い技術力に拠るとのことです。
たしかそんな話でした。

さて、僕は日経を手に椅子に座ってみせることで
老人の話の聞き手から開放されようと試みたのですが、
彼は掃除機を手に何やら始めるかと思いきや、作業の手を止め話を再開しました。

何でも、この70リットルの洗濯機は35万円もするそうで、
さらにデカい全自動のドラム式の方は、なんと150万円もするそうです。
リース(レンタル)もあるらしいのですが、そっちには中古のよく故障するヤツが
回されてきてしかも売り上げの半分持ってかれてしまうので全然割に合わないそうです。

また、親切にもこの店には扇風機が設置されており、夏には大活躍するそうなのですが、
不届きな輩がいて、何回も盗まれたことがあるとのことです。ひどい話です。

…というわけ

10月 262008
 2008-10-26T21:58:31+00:00

32.jpgこんばんは。
えー、
ひとつ前の記事でサツマイモについて
話題にしたのですが、
それプラス僕が「イラストレーター」と
名乗っているせいで、さらに、
季節もちょうど収獲の季節のせいもあり、

おそらくイラスト素材目当てで来てみたら
出来損ないのサツマイモの写真があるだけで
イラスト無ーじゃねーか…という方も
いらっしゃるのではないかと思い、
以前描いたお蔵入りイラストを
引っ張り出してみました。
(→『サツマイモとたまねぎ』2004-2005年頃制作)

あ、ただし、僕はケチンボウなので、
「さ、さ、無料でどうぞ!」なんてワケは無く、
これを参考にご自分で頑張って描いてね!
…という意味ですので、悪しからず…。
(※いや、違った。ご希望の方は
ぜひ私、
J.F.クーヤにご依頼ください!!
…でした。よろしくお願いします。←後で追加)

いやー、やっぱりこっちもこれでメシ喰わんと
いけませんので、無料で絵を描くわけには
いかないのですよ。ご理解ください。

ちなみに、そーゆー主張もあって「(c) J.F.Kooya 」なんて入れてみました
(別に入れなくても「(c) J.F.Kooya 」)なのですが)。

それにしても、ネットでは何でもかんでも無料で、
実際僕も『Opera』(昔は有料or広告付きだったらしいのですが)とか
『FireFox』とか
『OpenOffice』(あまり使っていませんが…)とか
『iTunes』とか
ありがたく使わせていただいているのですが、
今後もいろいろ無料で提供され続けるのでしょうか…。

まあ、その辺は会社が作っているものだから、
広告とか高機能版へ誘うとかでうまいことやっているのかもしれませんが、
おそらく個人や零細企業の方が作っているものもあるわけで、
彼らが無料で何かを提供せざるを得ないというのは非常に心苦しい。

好きで、ボランティアでやっているのなら良いのですが、
いや、それでもそう語らせてしまう風潮というのは困りものだな、と思います。
時間も労力も技術も要るものですから、対価を取るのが当然なのではないかと。

無料素材集のイラストを使って「これでいいや」とか言ってもらっては
商売上がったりですよね(ところで昔よくあった「カット集」の本って今でも売れるのだろうか…。
なんだか「どうせネットでタダで手に入るし」って言われてしまいそう…)。
「こんな下らんイラストタダでも要らんわ」とか言ってほしいなー。
そのためにはこちらもそれなりのものを描かないといけないなー。
…とか。
そんな感じ。

10月 072008
 2008-10-07T02:35:43+00:00

28.jpg

こんばんは。
早いですね。10月に入ったと思ったら、
もう数日経過していて、この調子じゃ
あっという間に今年も終わってしまいそうです。

さて、もうすでにお気づきの方もおられると思いますが、
9月30日までの予定だった『J.F.クーヤ近作展』
期間延長中です。
どうしてお知らせするのがこんなに遅れてしまったかというと、
先日まで行っておりました、
「ホームページ開設一周年記念リニューアル事業」に
気をとられて、すっかり次の展示会の企画を
忘れていたからです。

展示会の期間延長は毎度のことながら(スミマセン)、
「忘れていた」というのは初めてです…。

…というわけで、次の準備ができるまで、
しばらくかかるとは思いますが、首を長ーくしてお待ちください。
「もうそろそろかと思ってせっかく来てやったのに
変わってねーじゃねえか」という方にはお詫びします。
本当に申し訳ありませんでした。

ちなみに、現時点で次の企画は全く決まっておりませんので、
何かリクエスト等ありましたらメール(tegami@jfkooya.com)でお知らせいただければ
検討させていただきますので、よろしくお願いします。

※ ↑ イラストは『彼はこの姿勢でくつろぐ(「ごめんな」Ver.)』です。お蔵入りイラストです。

7月 062008
 2008-07-06T00:17:00+00:00

osakacity.jpg

どうも、こんばんは。今日のお蔵入りイラストのコーナーです。

←こちらは、2007年の作(確か)です。

タイトルは『都会』か『梅田』…としておきます。

画材はアクリルガッシュ、サイズはA4あたりではなかったでしょうか。

 

いくつかの写真を見ながら描きました。

大阪の梅田界隈の風景・大阪環状線・

梅田スカイビル(でしたっけ…?)…などが描かれています。

 

最近は黒インクばかりですが、以前はアクリル絵の具をよく使っていました。

今の絵柄は基本的に黒インクのみなのですが、本当は色も使いたいです。

今のタイプものに色をつける方法もあるにはあるのですが、

アクリル絵の具のようにはいきません。

スキャンした後にコンピュータ彩色、という手はあります。

 

何かもっと良い方法はないか、もう少し研究してみます。