5月 082009
 2009-05-08T02:23:16+00:00

鳥のような?木の実 by J.F.Kooya

こんばんは。
今日の写真(→)は4年前のちょうど今くらいの時期に撮ったものです。

『鳥のような?木の実』

なんだか鳥の横顔のように見えて、写真に絵の具で描き込むのが(自分の中で)流行っていた頃なら格好の材料になっていたでしょうが、今はそのままの写真に空想で「描き込む」のがイキだと思います。

万博公園内日本庭園にて。

5月 072009
 2009-05-07T01:44:24+00:00

nira_090507_1.jpg

こんばんは。
ゴールデンウィーク終わってしまいしましたね…別に大したことしてないですけど、怠惰な日々が続いて、大変良うございました。

さて、我が家の「にら」は切っても切っても伸び続けてくれて、貴重なビタミンを僕に供給してくれています。

そう、にらをはさみで切るのですが、その断面はこんな感じです(←写真)。

切ると何やら汁が染み出してきます。

この汁を舐めてみると、にら独特の匂いがややあるものの、上品な甘さがあり、何とも幸せな気分になります。「聖水」とはこのような味のものなのかもしれません。

nira_090507_2.jpg

それから、にらの断面は鈍角の扁平な二等辺三角形をしています(写真→)。

だから何というわけでもないのですが、この形状が腰の強さ・バネを、また、食べるときにはシャキシャキと良い歯応えを生み出しているのだな、と感心しました。

ところで、にらと一緒に「小かぶ」も様子見がてら収獲してみたりしているのですが、葉っぱばかりで、一向に根が大きくなりません。日当たりの悪さのせいか、肥料が足りないのか、間引きが足りないのか、はたまたどれもなのか分かりませんが、もうとっくに「目安」の50日は過ぎているのになあ…と、やや心配です。まあ、葉は順調に大きくなってきているので、大丈夫だとは思うのですが…。

この次は「小かぶ」か「じゃが芋」かの収獲の写真を載せたいところです。

ではまた。

2月 082009
 2009-02-08T23:54:13+00:00

happa_monster.jpg

こんばんは。
はっぱは基本的にはグリーン系の色が多いですよね(紅葉や枯葉といった変化を除く)。

でも、その基にある茎はちょくちょく赤っぽいことがあると思います。ほうれん草も赤や紫だったりしますよね。

その中でもこれ(←写真)は特に赤い類だと思います。なんて名前かは分かりませんが…(これも、先日からの写真も、実は『万博公園』の『日本庭園』の無料開放日に訪れたときのものです。一応名札があるのでそれを控えれば良さそうなものですが…。『はっぱブログ』なのに片手落ちですね…–;)。

紅葉や花とはまた違った、紫がかった赤みに何やら「生き物」らしさを感じます。あたかも血が通っているかのような…。ただ単に「赤い」という共通点しかないのですが、「やはり植物も動物も元は同じなんだ」とか安直に納得してしまったりもします。そういえば、「光合成をするバクテリア」というのもあるらしいですし、人間で「光に当たって体内でビタミンDを合成する」とかいうのもちょっぴり植物っぽい気がします。

「赤と緑」というコントラストとごつそうな外観にはっぱを振り上げているコイツは、「モンスター」のようにも見えます。人間たちの横暴に怒って街を襲いに来るかもしれません。みなさんエコ活動にいそしみましょう。

それでは。

2月 082009
 2009-02-08T01:25:30+00:00

happa_in_the_stream.jpg

こんばんは。
『はっぱブログ』にしてからは更新も快調。そう、あたかもこの写真の水の流れようです。

『happa in the water』→

それにしてもこんな急な流れに負けじと踏ん張って葉を伸ばしているのが泣かせます。

はっ!そうか、こいつらは身を以ってして僕に命あるものとしての生き様を教えてくれているのかもしれない!
…とは全く考えなかったのですが、まあ、何というか涼しげな写真ですね。

何年か前の、しかも春から夏ごろの写真なんで、臨場感も季節感もさっぱりありませんな。写真なんてもんは撮ってすぐ見せないと鮮度が落ちてしまっていけませんな。傍から見たら同じかもしれませんが、自分的には全然違う。でも、作品としての観点から見るといつ見ても同じように良くなければ困りますよね…(それにしてもネギっぽいけどなんてんですかねこのはっぱ。ただの雑草?)。

あ、そうだ。シャッタースピードを変えて撮影するときの解説の写真みたい。そう思うと途端に陳腐に見えてきた。でもすでにブログ書いちまったしもういいや。

ちぇっ。

2月 072009
 2009-02-07T00:52:57+00:00

wakaba090207.jpg

こんばんは。
今夜からこのブログは『はっぱマニアブログ』になりました(前回のはさしづめベータ版か)。
今後ははっぱの写真ばかりアップしてゆきます。イラストとかはもうやめにします。どうせ描いても誰にも評価されないし、コンペとか出しても審査料と送料が無駄なばかりなのでもうウンザリなのです。

…というのはウソで、今後もムダにイラストを発表してゆく所存ですが、まあ半分はホンネです。

↑写真は『若葉』。

はっぱ(葉っぱ)が好きなのは本当です。特に若葉が大好きで、春になると枝の先に可愛らしくおぼつかない付き方をしている柔らかでピュアなグリーンの子らをそっと撫でるのは何よりの楽しみです。そっと指先を動かしながらそのしっとりとやさしい感触のあまりの心地よさに思わず笑みがこぼれます。これだけ柔らかかったら食べても美味いんじゃないだろうか、とか考えたりもします。
実はほうれん草(滅多に買いませんが)の根元付近に付いている未熟な葉もたまんない感じです。実際柔らかくて美味しいのでそればかり集めた贅沢な料理があってもいいのではないかと思ったりもします。

…というわけなので、全国のはっぱマニアの皆さん、よろしくお願いします。今年は『はっぱ』が来る!

2月 062009
 2009-02-06T01:16:47+00:00

leaf090206.jpg

こんばんは。
イラスト展の準備はちまちま進めているのですが、もうちょい掛かりそうなのでもうしばらくお待ちください。

写真は『陽光』…とでも名づけときますか。何年か前のものです。→

ちょっとドラマチックなライティングがステキな逸品?です。

それにしても最近暖かいので、ひょっとしたらこのまま春になってしまうのではないかと思ってしまったりします。

今回の冬は、大阪ではまだまともに雪が降っていませんので、それはちょっと困ります。

いや、本当は雪が降ると電車が遅れたり寒かったりして、それはそれで困るのですが、やっぱり冬は一度は雪の積もるのを見たいと願うわけです。

「こいつはきっと地球温暖化のせいに違いない」とか安直に考えてしまったりもしますが、実際どうなのかはよく分かりません。
とにかく光熱費を抑えたいので寒くないのはありがたい、それがエコにつながるというのならまあいんじゃないか、とか、その程度です。

はっぱ。
はっぱっていいな。なんだか幼児語みたいだけど、連呼してるとだんだん楽しくなってくる。

葉っぱ、はっぱはっぱ、
はっぱはっぱはっぱ。

陽気なキブンになってきたところで、ごきげんよう。