12月 112010
 2010-12-11T12:12:34+00:00

108.jpg

前回のブログで予告した時間よりも3時間ほど遅れて、ようやく近作展『おせいぼ』公開できました。

HTML版
作品集(Flash)
…にて開催中ですので、どうぞよろしく。

見てくれないとこんな風に(←イラスト『ぼっち』)すねちゃいます。

なお、『WebギャラリーJ』のFlash版は、やはり見づらいので今後HTML版をメインに持ってくるか、新しいのを開発するかしようと思ってます。

12月 052010
 2010-12-05T15:25:14+00:00


oseibo_dm.jpg

そんなわけで、近作展『おせいぼ』をやります。
2010年12月5日夜~2011年2月5日まで、の予定ですが、都合により多少~大幅に変わります。

今年の後半、特にHBギャラリーコンペ用に書いたものが中心になります。
おなじみの黒インク主体の作品もコンペには出したのですが、今展は「オイルバー」によるもののみで構成しようと思っています(今日からなのにまだどれ出すか決めてない)。
本日、おそらく20時あたりにはアップできるように頑張ります。
お暇があれば、サクッとご高覧いただければ幸いです。
よろしくです。
12月 022010
 2010-12-02T00:32:12+00:00

こんばんは。
HBギャラリーコンペにもどうにか出し終わり、さっさと作品アップすればいいものをぐずぐずしてたらいつの間にか師走…といった感じですが、もうそろそろ本当に重い腰をあげようと思います。

最近、このような(「扇風機」→)
感じの絵を描いてます。

「HB~」用の作品を大慌てで準備しているときに、画材屋さんで「オイルバー」というやつを見つけまして、試しに使ってみたらかなりいい具合だったのです。
油絵具をクレヨン状に練り固めた物…でしょうか。
伸びと発色は良いけど、乾燥が遅くて塗り重ねづらい。あと、値段が高い。はくり紙描くと乾燥後でも定着が弱い(当たり前)。
…というシロモノですが、お気に入りです。

で、展示会(Web展示会です)タイトル考えてたのですが、あんまいいの浮かばないので、引き続き考えようと思います。絵のタイトルももひとつ良いの浮かばなかったりもするので、きっとそういうの苦手な人間なんだと思います。でもたまにいい感じのが出てきたりすることもあるので、もう少しだけ自分に期待してみるよ。

「あの瞬間がもう一度訪れてくれるのではないかという気持ちがあるから続けるんだ」という内容の文章をどこかで読んだ気がするのだが、あれは一体誰のセリフだったっけ……。

それでは、次回、近日中に展示会の詳細を発表します。
※ところで僕が「展覧会」ではなくて「展示会」と呼んでいるのは、語感的に軽い感じがして好きだからです。自分に似つかわしい気がする。「展覧会」は僕にはご大層すぎる。何となく。

扇風機101202 by J.F.Kooya

5月 312010
 2010-05-31T23:46:44+00:00

カナダのバンクーバーにある『ルーファス・リン・ギャラリー』で僕の『猫の背に枯山水』を展示していただいてたのだけど、5/28で8週間の展示期間を終えました。

ご高覧いただいた皆様、ありがとうございました。
で、ギャラリーから、日本の宅配業者の着払い便が安いし便利でいいんじゃないか、という旨の提案があって、なるほど確かに良さそうなんだけど、それとは別に「展示期間延長」と「ギャラリーに寄贈」という選択肢もあるということで、「寄贈」ってちょっと良さげだな…とか思って、どうしよっかなーとか考えているところです。
でも高名な画家ならともかく、俺の絵だから、何と言うか…でも、自分の手許から離れて作品が存在している、というのには魅力を感じる。
もうちょっと考えてから返答しよう。
それと、ペーターズギャラリーコンペに出す絵を描かねば。
4月 232010
 2010-04-23T00:40:12+00:00

…というわけで、現在カナダにて展示中の『猫の背に枯山水』の写真を送っていただいたので、載っけますね(詳しくは前回の記事を参照)。

猫の背に枯山水inカナダ01 by J.F.Kooya
ハイ。
←…どうでしょうか?
写真が小さいですが、元々このサイズでしたよ…TT
まあ、でも、一応どうやら展示していただいているようですよね…。
でも、やっぱり実際に目にしないとさっぱり実感が湧きませんね。まあ、分かっていたこととはいえ、ちょっぴり寂しいです。
カナダの人に見てもらえているのかなあ…?
猫の背に枯山水inカナダ02 by J.F.Kooya

もう一枚あります→

他の方々の作品と一緒に並べられているわけです。
俺もまだまだ頑張らないとなあ…。
ただ、今描くならもっと完成度高いのができるはず…という言い訳はしておこう(往生際が悪い)。
でも、昔の作品を再度公開する機会というのはあまり無いので、貴重な機会ではあるかもしれない。
ギャラリー側としては、きっと誘った作家たちがブログとかで展示情報を書くことで、ギャラリー自体の宣伝になる、というのも狙っているのだろうな、と思う。まだできたばかりのところだし。オリンピックと時期が重なったのは狙っていたのかな?偶然かな?
ところで実は、返送料金がいくらかかるのか、今の時点では正確に把握できていない。国が違うから、当然料金も違ってくると思うけど…。
日本からはEMSで4700円かかった(荷物の重さは2125g)。ギャラリーの人に教えてもらったカナダ郵便のサイトで調べると、かなりかかりそうなのだ。船で$45、航空便で$86のと$147のとがあるけど(※金額はおおよそ。以下も)…なんでこんなに高いの?
今(2010年4月23日)、1ドル93円くらいだから、$86ので送ってもらうと8000円か…バカにならないな…。うーん。作品をどうしても欲しいという人が現れてくれればいいのだけど…厳しいだろうな…。ほんっの少しは、これがきっかけで…という都合いい展開も期待してはいる。
「国際便を出してみる」というのと「額装をきっちりする」という目的は一応達成できたのだけど、費用対効果を考えると、微妙なところではある。そのお金を使ってコンペか何かに応募する、という手もあったろう。
今の段階では今回のチャレンジ(というほどでもないが)が吉と出るかそうでないかは何とも言えないけどね。
何かいいことあるといいな。
それでは。
4月 062010
 2010-04-06T07:41:19+00:00

『RUFUS LIN GALLERY OF JAPANESE ART』(ルーファス・リン日本美術ギャラリー)というカナダのギャラリーで4月5日~5月28日まで拙作『猫の背に枯山水』を展示していただいています。

お誘いいただいてからしばらく、「今金無いし、カナダで展示してもらったって仕事には繋がらないだろうし、昔の作品だし、出展料安くても配送に金かかるし、どーしよっかなー…」などど考えていたのですが、「一生に一度くらい海外に荷物送るのも面白いかも」という興味本位で出展してみました。
「海外で展示」なんて言うと「えっマジ!?」なんて驚くかもしれませんが、そんな大したこと無いです(多分)。ただ、ここのギャラリーは日本の(ほぼ)無名作家中心に紹介しているらしく、そういう点では珍しい存在ではあるかもしれないです。
でも、『猫の背に枯山水』は、完成度はあまり高くありませんが、自分でも気に入っている作品です。本格的な日本画っぽく描き直したいところだったのですが、それ用に色々揃えるのも大変だし、時間無いし、テンションも今ひとつだったので断念しました。
その代わりといっては何ですが、額装にはかなり気合いを入れました。丸縁の額をカスタマイズ。布張りマットを絹混の着物生地に変更、プラスチックの内枠を障子紙で覆って金縁を描き入れています(↓写真。この後左下隅に朱印風にサインを入れた)。
気合いは入れたけど、カスタム額装なんてほぼ初めてだし、そもそも今まで額なんてどーでもいいと思ってたから、やはり良い出来とは言い難い。
猫の背に枯山水(額装後・2010Ver.)


まあ、とにかく最善は尽くしました。

で、これを額の箱に入れてガラス(アクリルの方が割れにくくて良いのだが、購入時にうっかりしてた)の上に隅まで覆うようにしてプチプチ、さらに箱をプチプチで包み、それを防水紙(これも額を通販で買ったときに緩衝材として入っていたもの)で包んでEMSで送った。

EMSは宅急便感覚で国際便が出せて便利。船便の方が安いけど。

追跡機能が付いているので、途中で調べると、カナダまでは4日で着くけど、通関でさらに4日かかっている。

本来なら自分の出展したものは会場まで見に行きたいところだけど、ちょっと(いや、かなり)遠い。

展示風景は写真に撮って送ってくれるらしいのでまたアップする。多分。
12月 142009
 2009-12-14T00:12:17+00:00

展示会『紅い花』DM by J.F.Kooya

こんばんは。
本日より『WebギャラリーJ』の展示内容が替わります。
来年の3月28日まで開催の予定です(延長の可能性あり)。
ここ数年研鑽を重ねた独自の技法と表現による自信作揃いです。
ぜひご来場ください。
感想なども寄せていただけましたらありがたいです。
※なお、内容が変わらない場合は、こちら(↓)の記事を参考にしてみてください。
取り急ぎお知らせまで。
よろしくお願い申し上げます。
9月 132009
 2009-09-13T00:09:18+00:00

こんばんは。 

以前お知らせした『PEACE CARD 2009 東京展』の搬入が終わりましたのでお知らせします。
会場は『MAYA2』(『ギャラリーハウスMAYA』の真後ろ)。 
公開期間/9月14日(月)~9月19日(土)
 開廊時間/11:30~19:00 (最終日17:00まで) 入場無料
…というですので、よろしくお願いします。
東京展ではポストカード販売があり、僕のヤツもお買い求めいただけます。家庭向けプリンタによる印刷なので品質は高くはないのですが、その代わりと言っちゃあ何ですが、「ニューブレダン紙」という版画用のなかなか良い紙を使用しております。
今日見たところ、一枚100円で15枚で1000円、ということらしかったので(※見間違いの可能性があるので、詳しくは会場にてご確認ください)、もし良かったら他の方のステキポストカードを買うついでに、あるいはうっかり、僕のも混ぜてみてください。
あと、僕は出していませんが、原画の展示やグッズ販売もあります。
ところで、少なくとも僕には『MAYA2』の場所が分かりづらかったので、簡単にご案内させていただきます。
『ギャラリーハウスMAYA』は地図どおり、道を歩いているだけで見つかると思います。
その正面に立って、左側に進入できるスペース(お隣との間)があるので、そこに入り、少し進むと右手に『ギャラリーハウスMAYA』の裏口と、3階建てくらいのアパート的な小さなビルがあります。そこの地下が『MAYA2』です。看板も見えます。
普通に道路を歩いていても見えない?と思いますので、「左側から裏口に回り込む」ような感じで。
よろしくー。
9月 082009
 2009-09-08T02:53:45+00:00

こんばんは。

 

7日まで開催しておりました『PEACECARD2009@フィリア美術館』へご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。
残念ながら僕は会場へ行くことができなかったのですが、フィリア美術館さんのブログに届いたカードの写真が掲載されています(→こちら)(5日の時点)。
次回出すときは小淵沢まで見に行けるだけの金銭的&時間的なヨユウ(特に前者)が欲しいです。どうやらかなり良いところらしいんですよ…。
東京展の方にも出す予定なのだけど、とりあえず今回はお礼まで、ということで…。
来て、見ていってくださった方には本当に感謝です。今度はさらに良いものを出しますので、そのときはまたよろしくお願いします。
それでは。
8月 192009
 2009-08-19T04:15:13+00:00

フィリア美術館』にて開催の『PEACE CARD 2009』に参加します。

公開期間 / 8月20日(木)〜9月7日(月) (9月2日の水曜日は休館)
開館時間 / 9:30〜17:00 入館料大人500円/小・中学生300円
※詳しくはホームページ(ブログ)をご参照ください。
イラストレーター友達に誘われて参加することになりました。…とはいっても「カードを送るだけ」なので、アレですが…。
『フィリア美術館』は山梨県の小淵沢にある美術館で、「平和」がテーマになっているそうです。ホームページにはこの展示の紹介が無いようでしたが、ブログの方に告知があります。おそらく小規模の展示だと思います。
本来なら展示を見に行くべきなのですが、現地までの交通費がそこそこかかるので、今回は見送りです。今は金銭的にかなりキビシイのです…。
東京展もあります。
会場は『MAYA2』(『ギャラリーハウスMAYA』の真後ろ)。
公開期間/9月14日(月)~9月19日(土)
開廊時間/11:30~19:00 (最終日17:00まで) 入場無料
…とのことですが、また別にカードを送らねばならないので、参加予定とはいえ、うっかり送り損ねたら不参加、ということになります。忘れずに送れたらまたお知らせします。
参加作品はまた今度公開する…予定。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
観光がてらに小淵沢まで足を伸ばすのも良いかもしれませんね。
どうぞよろしくお願いします。