9月 292008
 2008-09-29T15:25:36+00:00

archives01.jpg
こんにちは。
かねてよりお知らせしていた新コンテンツが
完成しました(←スクリーンショット)。
J.F.クーヤのイラスト(※一部写真)作品一覧ページ、
『アーカイブ』(左側のナビでは『archives』)です!

URLは、
http://www.jfkooya.com/archives.html あるいは、
http://www.jfkooya.com/archives もしくは、
http://jfkooya.com/archives など、
どれでも大丈夫だと思います。
ブラウザに補完機能があるので、おそらく、
jfkooya.com/archives だけでもいけると思います。

で、どうゆうページかというと、
『J.F.クーヤon Web』内で使用している(あるいは過去に使用した)イラストの一覧です。
 ご覧いただくには、『FlashPlayer』(Ver.8以上。最新版をお薦めします)が必要になります。
…ということです(『アーカイブ』ページより抜粋)。

「仕事でイラストレーターをお探しの方や時間のない方にオススメです!」と書いてますが、
そうでなくても充分楽しめる内容に仕上がっております。
久しぶりにこの手のものを作った、というのもあるのですが、
細部までかなり至れり尽くせりに制作しましたので、きっとご満足いただけるはずです。

一目見ればだいたいの操作方法はお解りいただけるかと存じますが、
他のページのように下の方にスクロールさせますと、
操作方法を記してございますので、そちらもご参照ください。

じっくりチェックしましたので、バグはないとは思いますが、
万が一何らかの不備がございましたら、お手数ですが、
メールフォーム(『mail』のページorアンケート)に記入、あるいは、
「tegami@jfkooya.com」までお手紙くださいますとありがたいです。
ご意見・ご感想も大歓迎です!

ところで、作ってしまってからこういうことを言うのも何ですが、
イラストレーターの端くれとしては、素早く作品を見渡せる、というのは
ちょっぴり切ないものがあります。
やっぱりある程度じっくり時間をかけてみてほしいなあ…とか
ワガママ思ってしまうわけです。

とはいえ、背景が暗くて、その中にポッとイラストが浮かび上がっている光景は
なかなか魅力的だな、とか、ちゃんとアップした画像の大きさ100%で
サクサク観れるのはいいなあ、とか気に入っている点もたくさんあるので、
ぜひ体験していただきたいと思います。

新トップページも近日中に公開できるかと思いますので、
どうぞお楽しみに!

7月 232008
 2008-07-23T23:18:21+00:00

こんばんは。

遅ればせながら、6/28(心斎橋クラブクワトロ)及び、

7/19、20(東京キネマ倶楽部)に行われた『感謝的 解体ヨエコ ツアー』の

リポート(レポート?)を書きたいと思います。

 

題して、『追憶ヨエコアワー(tribute to Kurahashi Yoeko)』!わ~。

…本来なら、楽曲をもってしてトリビュートしたいところですが、

何だかしばらくやってなかったら、色々忘れてしまってアレなんで、

とりあえずイラストにてトリビュート(?)です。

じきに『追悼』というタイトルでトリビュート展もやりたいところですが、

残酷な事件があると、ちょっと考えてしまいます。

 

 

さて……

yoeko00rev.jpg←ギャー!って感じ(?)ですけど、

いつもの技法(インク/シール台紙)で描いたヤツを

PC上で色を反転させてみたのですが、どうでしょうか…。

「オカルティー(※本人談)」なイメージのヨエコ氏には

ぴったりではないかと…。

 

yoeko00mono.jpg…まあ、それもアレなんで、白黒バージョンで。→

ヨエコをご存じない方のために言っておきますが、

これは「廃業(引退)」にあたって

「ミス廃業クイーン」をイメージしてこのような

お姫様ぶった格好をしているわけで、いつもこんなアレな衣装でライブしてるのでは、

断じてありません!

 

 

 

ちなみに、目はこちらの記号から拝借。↓

yoeko_gakufu01.jpg

 

 

 

それから、鼻はこちらの音符になっています。↓

yoeko_gakufu02.jpg

ご本人の写真は検索すれば出てくると思いますので、

気になる方はどうぞ。

 

 

 

本当は僕も『デパオクミュージック(京都)』にて

撮影した(本当は友人に撮影してもらった)写真を持っているのですが、

家宝なので見せたげません。

 

ああ、それにしてもあの時勇気を出して握手してもらうとか、

一緒に写真に写ってもらうとかしておけばよかった。

なんか演奏終わった後、暇そうだったんですよ。声かけられそうな感じだったんですよ。

あ、そうだ、その前の「ラジオ大阪の収録(大阪マルビルB1F)」のときもだ…。くうぅ…。

まさか、こんなに早くお別れの日が来るとは思わず……

僕っていつもそうなんだ。失う寸前までその大事さに気づかず……

何度同じ失敗を繰り返せば気が済むのか。はあ…(溜息)。

 

気を取り直して。

yoeko01.jpg←こういうバージョンもあります。

『ヨエモドキ』…とか、キャラ名も考えてみた(笑)。

こういうタッチはちょっとアレかもしれない。

 

 

ところで、わざわざ東京まで観に行くってのは、

やっぱり、「ツアー」だから、大阪で「サヨナラ」しても、

こっちは最後でも向こうは「さて次」…となるわけですよ。

いくら誠意を込めても、実際は次の日広島で同じことやる、

その次もそのまた次もあって、一番高いラの音が出なくなれば、

またミの音も出なくなれば「この人出番低いからいっかー」と言っていても、

その次に高いミまでやられては困るわけです

(意味が分からなくても気にしないでください)。

 

というわけで、東京まで行くのですが、お金無いので最安プランを考えました。

 

・19日の朝高速バスで大阪を出発

・東京に着いたら速攻電車でJR鶯谷(東京キネマ倶楽部がある)へ

・ライブ後、カプセルホテルにて宿泊

・20日はライブ後すぐに高速バスで大阪に帰る

 

こんな感じです。

バスジャック事件後すぐだからといって、

やはり新幹線の3分の一ほどの値段で行ける高速バスは外せません。

宿泊も一泊で済むようにしました。

 

計画を立てた時点では、まさかこんなにスリリングな展開になるとは、

夢にも思っていませんでした(→その2へ続く)。

7月 192008
 2008-07-19T00:01:29+00:00

kingyosou.jpgこんばんは。

今日はブログっぽく、花の写真なぞをアップしてみました。

 

『金魚草』という花らしいです。

今年の初めの市の広報の付録に、種の袋がくっついていたのです。

きっと、「地球温暖化防止に一役買ってください。ヨロシク!」

…という趣旨だと思い、せっかくなので撒いてみたわけです。

 

アブラムシがうじゃうじゃ発生して、それを掃うのが厄介だったのですが、

無事に開花してくれてよかったです。

写真では、開花後しばらくした花が枯れていますが、まあ、

気にしないでください。

 

なるほど、花や葉のふにゃふにゃした感じが金魚の尾を彷彿とさせます。

なかなか可愛くてキレイな花だなあ、と思います。

茎がやたら細長くて、花の重みで垂れ下がっているものもあります。

 

 

花、良いですね。動物ほど気を遣わなくていいですし、

毎日こつこつほんの少しの努力を続ければ、

美しい花を咲かせてくれて嬉しい気分になる。

 

面倒くさがりの自分にはちょうどいいペットだという気がします。

…厳密にはペットではないか…。いや、ペットでいいか(笑)。

7月 062008
 2008-07-06T00:17:00+00:00

osakacity.jpg

どうも、こんばんは。今日のお蔵入りイラストのコーナーです。

←こちらは、2007年の作(確か)です。

タイトルは『都会』か『梅田』…としておきます。

画材はアクリルガッシュ、サイズはA4あたりではなかったでしょうか。

 

いくつかの写真を見ながら描きました。

大阪の梅田界隈の風景・大阪環状線・

梅田スカイビル(でしたっけ…?)…などが描かれています。

 

最近は黒インクばかりですが、以前はアクリル絵の具をよく使っていました。

今の絵柄は基本的に黒インクのみなのですが、本当は色も使いたいです。

今のタイプものに色をつける方法もあるにはあるのですが、

アクリル絵の具のようにはいきません。

スキャンした後にコンピュータ彩色、という手はあります。

 

何かもっと良い方法はないか、もう少し研究してみます。

7月 052008
 2008-07-05T01:15:06+00:00

kakko_kuchibiru.jpg昨年、大阪のギャラリー

『iTohen』と『SewingGallery』にて開催された

企画公募展 『「」と()』(かっことかっこ、と読む…確か…)に

出展した作品の別バージョンです。

 

タイトルは『(唇)』(かっこくちびる)。

手の形と、この形のときの「機能」が、

「()」(丸カッコ)と同じだな…という着想から、

このようなイラストになりました。

青インクとカラーインク(赤)、シール台紙を使用。

大きさはA4くらい。

 

結局、その時はもうひとつの方が良いような気がして、

そちらを出展したのですが、こちらの方が今の画風に近いですね…。

 

そういえば、最近「青インク」を使っていなかったので、

また使ってみようかな。

 

今年の公募展『おんさ swimy』にも参加しますので、どうぞよろしくお願いします。

7月 032008
 2008-07-03T14:04:49+00:00

このページで以前ご紹介させていただいた『小説すばる』(集英社)6月号の

乾ルカ氏の小説『ちゃーちゃん』で描かせていただいた挿絵の原画です。

前者は扉で、後者は中程で使用されたものです。

 

元のサイズはB3~A2くらいで、冊子のサイズはA5なので、

かなり大き目に描いたことになります。

 

画材は黒インク+ワックスペーパー(…というのかどうか分かりませんが…

シールの台紙に使われているヤツです)。

それを分割スキャンしてphotoshopで合成、その後白い線を描き加えました。

原画はもっと黄色っぽい紙の色なのですが、

原稿データはグレースケールにしてあります。

 



subaru0806_02.jpg

もう一点、こちらは中面で使われたものです。→

原画はこんな感じの色で、原稿時はやはりグレースケールにしています。

 

 

…というわけですので、お仕事募集しております。

挿画イラストのご依頼はぜひとも私、J.F.クーヤ、J.F.クーヤまで、

何卒よろしくお願いします!<(_ _)>(必死だ…^^;)

 

7月 022008
 2008-07-02T14:53:05+00:00

bruno03.jpg

先日までギャラリーDAZZLEにて開催していた『VIVA! ITALIA』に

出展していた作品です。

イタリア映画『自転車泥棒』に出てくる少年『ブルーノ』が

お父さん『アントニオ』を見上げているところです。

 

画材は黒インク+ワックスペーパー(シール台紙)。

サイズはB3くらい。

 

ちょっと前にこのページで

ご紹介したものの方が実物に似ていますが、

この、なんともいえない表情で見上げている感じが

出したかったのです。

 

 

 

 

 

 

ついでに、といっては何ですが、

さらに別のバージョンも出しておきます。→

 

bruno02.jpgこちらも、あまり似ていないのですが…(–;)

本当は、もうちょっとザックリした感じで、

それでいて似ている、という所を目指したかったのですが、

あまりうまくゆきませんでした。

まだまだこの技法は研究の余地あり、ですね…。

6月 302008
 2008-06-30T00:24:10+00:00

gallery (WebギャラリーJ)のページより、

過去の展示会の内容をご覧いただけるようになりました。

下記からもリンクしています。

サンキュー、農業。

猫の絵と写真展

J.F.クーヤ展 Vol.1.05

 

※IE5(Win,Mac)等のXML非対応のブラウザではご覧いただけません。

予めご了承ください。

6月 292008
 2008-06-29T01:29:07+00:00

kinsaku_dm08.jpgお待たせしました。

2008年9月30日までの予定で『J.F.クーヤ近作展』を開催中です。

『WebギャラリーJ』(このホームページのgalleryのページ)をご覧ください。

 

Web上のみの公開となりますので、どうぞお気軽にお越しください。

なお、開催期間は多少前後することがございますので、予めご了承ください。

 

また、過去の展示会の内容をgalleryのページの下部「■過去の展示会」より

ご覧いただけます。

現在は「サンキュー、農業。」のみですが、今後増やしてゆく予定です。

6月 282008
 2008-06-28T23:46:32+00:00

6/28~と予告していた「J.F.クーヤ近作展」ですが、

申し訳ない!準備が間に合わず、29日にずれ込む模様です<(_ _)>

 

うわ~、こんなことなら最初から29日からって言っとけば良かった~–;

オレっていつもこうだ…。

うかつものでお恥ずかしいです。

 

しかも、実は、白状しますと、先ほどまで『倉橋ヨエコ 感謝的解体ヨエコツアー』(心斎橋クラブクワトロ)

…に行ってまして…。

いや、これは外すわけにはいかなかったんですよ!

 

いや、でも、もし楽しみに待ってくださっている方がいらっしゃったら、本当に申し訳ありません<(_ _)>

なんとか今晩中に準備しようと思います。