イラストレーター&画家ジェイエフクーヤの作品集ページも見てね!

Google Analytics で前日のデータを参照するブックマークレット

今回はイラストでも写真でもなくて、ウェブの技術に関するエントリです。

 

さて、「Google Analytics」にアクセスすると、デフォルトだと過去一か月間のデータが出るようになっていますよね。
ところが、私は、だいたい前日はどうだったかと思ってチェックするので、わざわざ日付を変更して「適用」しなければなりません。

これがめんどくさい。

そんなわけで、一発で前日のデータが表示されるようにならないものかと、試行錯誤したり、探したりしておりましたところ、ちょうど良いものを見つけました。

Google Analytics bookmark to show just the last X days of data (by Peter Nixey | GitHub Gist)

過去の指定した日のデータを参照するブックマークレットです(どのデータを見るかも指定できます)。
しかし、残念ながら現行の Google Analytics のURL形式には対応しておらず、また、「1月1日」に実行した際に前年の大晦日が参照されない、という不具合がありました。

 

そこで、それらを解決し、前日の参照のみに絞ったブックマークレットを作りましたので、めんどくさがりの皆様のために公開いたします。

※2016.2.25追記:一昨日あたりから、正常に動作しなくなり、その状態が続いております。おそらく、何らかの仕様変更がされたものと思われます。対応は今のところ未定です。

 

※2020.10.8 追記:長期間放置しておりましたが、簡易修正版的なものを作りましたので、念のため掲載しておきます。例によって、’a1234567w1234567p123456789′ の部分をご自身のIDに変えて、ブラウザのブックマークのリスト上で右クリック→「新しいブックマーク」→URL欄にコピペで。
「アクセス権が無い云々」と警告が出るかもしれませんが、OKで大丈夫です。

・前日のユーザーサマリー

javascript: var dt = new Date();var y = dt.getFullYear();var m=(’00’+(dt.getMonth()+1)).slice(-2);var d=(’00’+dt.getDate()).slice(-2); window.location=’https://analytics.google.com/analytics/web/#/report/visitors-overview/’+’a1234567w1234567p123456789’+’/_u.date00=’+(y+m+d-1)+’&’+’_u.date01=’+(y+m+d-1)+’/’;

こちら、まだ月またぎ・年またぎ、について検証できておりませんので、不具合あればまた修正するかもしれません。

 

【おまけ】

・当日のユーザーサマリー

javascript: var dt = new Date();var y = dt.getFullYear();var m=(’00’+(dt.getMonth()+1)).slice(-2);var d=(’00’+dt.getDate()).slice(-2); window.location=’https://analytics.google.com/analytics/web/#/report/visitors-overview/’+’a1234567w1234567p123456789’+’/_u.date00=’+(y+m+d)+’&’+’_u.date01=’+(y+m+d)+’/’;

 

・前日のすべてのページ

javascript: var dt = new Date();var y = dt.getFullYear();var m=(’00’+(dt.getMonth()+1)).slice(-2);var d=(’00’+dt.getDate()).slice(-2); window.location=’https://analytics.google.com/analytics/web/#/report/content-pages/’+’a1234567w1234567p123456789’+’/_u.date00=’+(y+m+d-1)+’&’+’_u.date01=’+(y+m+d-1)+’/’;

 

・当日のすべてのページ

javascript: var dt = new Date();var y = dt.getFullYear();var m=(’00’+(dt.getMonth()+1)).slice(-2);var d=(’00’+dt.getDate()).slice(-2); window.location=’https://analytics.google.com/analytics/web/#/report/content-pages/’+’a1234567w1234567p123456789’+’/_u.date00=’+(y+m+d)+’&’+’_u.date01=’+(y+m+d)+’/’;

※いずれも、最後に「location.reload();」を付けた方がうまくいくようだったので、公開当初付けていたのですが、後日それでは無反応になってしまったので、削除しました。この辺ちょっとよく分からないです… –;

 

 

下記コードの【Google Analytics のID】をご自身のもの(Google Analytics のURLが”https://www.google.com/analytics/web/#report/visitors-overview/a1234567w1234567p1234567/”なら、”a1234567w1234567p1234567”の部分)に変更して、ブックマークに登録します。report_url: ‘https~は「ユーザーサマリー」になっておりますが、お好きなページに変更していただいて構いません。
また、ブックマークを普通に左クリックすると反応しないことがありましたので、中クリックで開くと良いと思います。

 

javascript: function analyticsURL(){ var properties = { profileID: ‘【Google Analytics のID】’, report_url: ‘https://www.google.com/analytics/web/#report/visitors-overview/’ };    function stringify(date){     return date.getFullYear().toString() + pad(date.getMonth() + 1) + pad(date.getDate());   };   function pad(numeral){     return numeral<10 ? ‘0’ + numeral.toString() : numeral.toString();   };    void(properties.report_url = properties.report_url.replace(/([^/])$/, ‘$1/’));   var endDate = new Date();   endDate.setDate( endDate.getDate()-1 );    return properties.report_url + properties.profileID + ‘/%3F_u.date00%3D’ + stringify(endDate) + ‘%26_u.date01%3D’ + stringify(endDate) + ‘/’; }; window.location= analyticsURL();

 

※元のページにはライセンス記載が無く、元作者Peter Nixey氏のサイト(Viewing stats from just today, yesterday or last week in Google Analytics)には”No problem just create a new bookmarklet.”とありましたので、今回、記事にさせていただきました。この場を借りて氏に感謝申し上げます。Thank you very much Mr. Peter Nixey!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です