「植物親ばか」ってカンジ

こんばんは。
えー、以前もお話した「ウチで『金魚草』を育てている件」ですが、
その後も先に咲いたものが枯れると他のつぼみが、
それが枯れるとまた次が、というふうに、一斉に咲かずに順序良く花を開いて、
長いこと飽かずに僕の目を楽しませていてくれています。

kingyosou2.jpg夕暮れに写したので、赤っぽくなっています。→
そのままだと絵にならないので
自分で茎を支えています。
やたらと長い茎の先の方に花がつくので、
茎が垂れ下がって
花は散漫についているように見えるわで、
格好良い植物とは到底いえません。

もひとつパッとしないヤツらなのですが、自分で育てていると、
どうにも可愛いくて、こうして写真に撮って自慢したくなります。
いやあお恥ずかしい…。
こんなザマじゃあ、自分の子供の写真をシールやら
年賀状やデスクトップにしたりする親ばかっぷりを非難すること
できませんよ、もう。

kingyosou3.jpg←ついでといっちゃあ何ですが、
もうひとつあるんですよ…げへへ。
ちょっと手前の花が白っぽくなって色が
飛んでますが…。

種の時には分からないのですが、
いろんな色の花が咲くんですよね…。

ちなみに、後ろの方に写っているのが「サツマイモ」です。
植えた後あっという間に葉を侵略させてくる
ものすごい生命力には脅威さえ感じます。
もっとも、鉢が小さいので、さほどの収穫は
期待できないだろうな…というのがちょっと残念ではあります。

まあ、そんなわけで、今回は私の「植物親ばか」っぷりを披露させていただきました。
スミマセン…一応言っときますけど、私「イラストレーター」なんですよ。念のため…。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です