GEISAI#11終了です

odanhodo.jpgこんにちは。
GEISAI#11、終了しました。
ご来場いただき、J.F.クーヤのブースに
お立ち寄りくださった方、
また、お隣や近くのブースで僕と
おしゃべりしてくださった方、
じっくり観てくださった上に、名刺を
持って行ってくださった方etc…、
本当にありがとうございました&お疲れ様でした!
(←イラストは『横断歩道を渡る』)

GEISAI初参加…というか、この手のイベント自体
初めてでしたので、「配送に関する念書」を出し忘れて
配送を使えなくなってしまい、すべて手持ちで搬入する
ことになってしまったり、高速バスで、準備開始時刻
よりも少し前に東京に到着する予定でいたのが、
道路の混雑で大幅に遅れてしまったこと、当日は
その疲れと眠たさもあってあまり楽しめなかったこと、
おかげで帰りのバスではぐっすり眠れたこと…
など、いろいろありました。

「直行直帰」な感じで、なるべく安く済ましてしまったため、
ちょっともったいなかったかもしれません。やっぱり
金銭的な余裕って大事ですよね…。

で、せっかくなんで、気の付いたことをいくつか書いてみます。

まず、準備日なのですが、あまりの案内の無さに驚きました。
本当に全然出展者向けの案内表示が無くて、一見分からないようなところに受付が。
その周囲でもアナウンス一切なし。そりゃ迷ってウロウロしてる人たちが大勢いるわけだ…。
受付でも手際が悪く、こっちから言わなかったらパンフレット引き換えしてくれなかったろうな。
実際隣のブースの人はパンフもらえてなかったし。まあ、出展者に対する「なおざり感」は
これだけに留まらないのですが…本当に11回+αもやってんのか…?

bigsiite.jpg

ちなみに、こちらが会場となった『東京ビッグサイト』です。→
当日は空が曇っていて白んでいたため、切り抜き画像の
ように見えますね…。
それにしてもデカい。あんま構造はよく分からないのですが、
三角錐の角の方とかはどうなってんでしょうね。
なんか詰まってんですかね。穀物とか。

『東京テレポート』ではやっぱりみんなテレポートしてるのかな…
すごいな。瞬間移動だよ…。ファンタシースターみたい(『1』を想定)。

えー、それはさておき、当日も引き続き準備をやりまして、
どうにか開会までに形になりました。
…といっても、すべて手持ち、ですのでやっぱりチープな感じです。
うーん。ステージとか変なイベントとかやる金を使って、安くで
壁ありブースを提供してくれないもんかな…。

geisai_op.jpg←出展者オープニングの様子です。
妙な格好の人が司会者です。

いやー、テレビ(ビジョン?スクリーン?ディスプレイ?)デカい。
それに会場中テレビだらけ。
家電量販店みたい。ハッピ着た人たちがウロついてるし。
JOSHINとかのノリだな。テレビうぜえ。

で、このステージで何とかいうタレントやアイドルが
歌ったり踊ったり、司会者が適当なことしゃべったり
するわけです。

その様子が会場中のテレビに映し出されるのですが、
これが目障りなのだけど、テレビデカいわ音デカいわで、
ついつい見てしまう。別に興味ないんだけど、ブースに
ずっと居るとタイクツだし、気がつくと何となくボケーッと
見ている。うー、なんなんだコレは。
俺はテレビを見に来たのか?はるばる東京まで。

geisai_jfkooya.jpgさて、こちらが当日のJ.F.クーヤのブースです。→
B1の額×2とイーゼル×2による強引な展示方法です。
しかも上下にはみ出してるし…。
たまに路上で絵を売っているヤツを彷彿とさせます。
アレのさらにビンボー臭いバージョン。

絵も暗いものばかり、白黒(黄色黒?)の、
大変陰気なブースですね…。
なんじゃこりゃ?ってインパクトはある(?)かもしれないけど、
こりゃ人寄りつきませんぜ…。
途中で模様替えしたものの、特に効果なし。

いや、それでもたまーにじっくり観てくださる方もいてくれて、
ありがたいかぎりです。名刺も普段の展示会よりもかなり多く
はけましたし…。ポートフォリオも数人は見てくれた。

残念ながら、賞にはかすりもしませんでした。まあ、審査員みんな
0.3秒くらいで通り過ぎて行ってたし、何というか、
これじゃダメだよね…。

…と、まあ、こんな感じで一日やり過ごしました。
疲労と眠たさで帰りのバスでは爆睡でした。普段はさっぱり眠れないのに…。

次のGEISAIは参加しない予定です。もし気が向いたらもっときちんと策を練って
リベンジしたい気もしますが、まあ、またいずれ。そん時にはもう無いかもしれない…か?
大して人入ってなかった気がするのだけど…ちょっと心配。
アート
イベントは…ね…人来ないだろうなあ…。

有名な画家で、テレビや新聞が宣伝して、…というのじゃないとダメなのかな。
難しいね。

自分の作っているものが、そんなにも価値の無いものだというのは哀しいな。
まあ、価値無いんだろうね。

ところで、今回の出展作はかなり充実していた感があるので、
このブログか、次のWebギャラリーJの展示でご紹介してゆこうと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です