4月 062010
 2010-04-06T07:41:19+00:00

『RUFUS LIN GALLERY OF JAPANESE ART』(ルーファス・リン日本美術ギャラリー)というカナダのギャラリーで4月5日~5月28日まで拙作『猫の背に枯山水』を展示していただいています。

お誘いいただいてからしばらく、「今金無いし、カナダで展示してもらったって仕事には繋がらないだろうし、昔の作品だし、出展料安くても配送に金かかるし、どーしよっかなー…」などど考えていたのですが、「一生に一度くらい海外に荷物送るのも面白いかも」という興味本位で出展してみました。
「海外で展示」なんて言うと「えっマジ!?」なんて驚くかもしれませんが、そんな大したこと無いです(多分)。ただ、ここのギャラリーは日本の(ほぼ)無名作家中心に紹介しているらしく、そういう点では珍しい存在ではあるかもしれないです。
でも、『猫の背に枯山水』は、完成度はあまり高くありませんが、自分でも気に入っている作品です。本格的な日本画っぽく描き直したいところだったのですが、それ用に色々揃えるのも大変だし、時間無いし、テンションも今ひとつだったので断念しました。
その代わりといっては何ですが、額装にはかなり気合いを入れました。丸縁の額をカスタマイズ。布張りマットを絹混の着物生地に変更、プラスチックの内枠を障子紙で覆って金縁を描き入れています(↓写真。この後左下隅に朱印風にサインを入れた)。
気合いは入れたけど、カスタム額装なんてほぼ初めてだし、そもそも今まで額なんてどーでもいいと思ってたから、やはり良い出来とは言い難い。
猫の背に枯山水(額装後・2010Ver.)


まあ、とにかく最善は尽くしました。

で、これを額の箱に入れてガラス(アクリルの方が割れにくくて良いのだが、購入時にうっかりしてた)の上に隅まで覆うようにしてプチプチ、さらに箱をプチプチで包み、それを防水紙(これも額を通販で買ったときに緩衝材として入っていたもの)で包んでEMSで送った。

EMSは宅急便感覚で国際便が出せて便利。船便の方が安いけど。

追跡機能が付いているので、途中で調べると、カナダまでは4日で着くけど、通関でさらに4日かかっている。

本来なら自分の出展したものは会場まで見に行きたいところだけど、ちょっと(いや、かなり)遠い。

展示風景は写真に撮って送ってくれるらしいのでまたアップする。多分。
 Posted by  タグ: このエントリーをはてなブックマークに追加

 コメントする

次の HTML タグおよび属性を使うことができます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)