イラストレーター&画家ジェイエフクーヤの作品集ページも見てね!

追憶ヨエコアワー(tribute to Kurahashi Yoeko) その1

広告

こんばんは。

遅ればせながら、6/28(心斎橋クラブクワトロ)及び、

広告

7/19、20(東京キネマ倶楽部)に行われた『感謝的 解体ヨエコ ツアー』の

リポート(レポート?)を書きたいと思います。

 

題して、『追憶ヨエコアワー(tribute to Kurahashi Yoeko)』!わ~。

…本来なら、楽曲をもってしてトリビュートしたいところですが、

何だかしばらくやってなかったら、色々忘れてしまってアレなんで、

とりあえずイラストにてトリビュート(?)です。

じきに『追悼』というタイトルでトリビュート展もやりたいところですが、

残酷な事件があると、ちょっと考えてしまいます。

 

 

さて……

yoeko00rev.jpg←ギャー!って感じ(?)ですけど、

いつもの技法(インク/シール台紙)で描いたヤツを

PC上で色を反転させてみたのですが、どうでしょうか…。

「オカルティー(※本人談)」なイメージのヨエコ氏には

ぴったりではないかと…。

 

yoeko00mono.jpg…まあ、それもアレなんで、白黒バージョンで。→

ヨエコをご存じない方のために言っておきますが、

これは「廃業(引退)」にあたって

「ミス廃業クイーン」をイメージしてこのような

お姫様ぶった格好をしているわけで、いつもこんなアレな衣装でライブしてるのでは、

断じてありません!

 

 

 

ちなみに、目はこちらの記号から拝借。↓

yoeko_gakufu01.jpg

 

 

 

それから、鼻はこちらの音符になっています。↓

yoeko_gakufu02.jpg

ご本人の写真は検索すれば出てくると思いますので、

気になる方はどうぞ。

 

 

 

本当は僕も『デパオクミュージック(京都)』にて

撮影した(本当は友人に撮影してもらった)写真を持っているのですが、

家宝なので見せたげません。

 

ああ、それにしてもあの時勇気を出して握手してもらうとか、

一緒に写真に写ってもらうとかしておけばよかった。

なんか演奏終わった後、暇そうだったんですよ。声かけられそうな感じだったんですよ。

あ、そうだ、その前の「ラジオ大阪の収録(大阪マルビルB1F)」のときもだ…。くうぅ…。

まさか、こんなに早くお別れの日が来るとは思わず……

僕っていつもそうなんだ。失う寸前までその大事さに気づかず……

何度同じ失敗を繰り返せば気が済むのか。はあ…(溜息)。

 

気を取り直して。

yoeko01.jpg←こういうバージョンもあります。

『ヨエモドキ』…とか、キャラ名も考えてみた(笑)。

こういうタッチはちょっとアレかもしれない。

 

 

ところで、わざわざ東京まで観に行くってのは、

やっぱり、「ツアー」だから、大阪で「サヨナラ」しても、

こっちは最後でも向こうは「さて次」…となるわけですよ。

いくら誠意を込めても、実際は次の日広島で同じことやる、

その次もそのまた次もあって、一番高いラの音が出なくなれば、

またミの音も出なくなれば「この人出番低いからいっかー」と言っていても、

その次に高いミまでやられては困るわけです

(意味が分からなくても気にしないでください)。

 

というわけで、東京まで行くのですが、お金無いので最安プランを考えました。

 

・19日の朝高速バスで大阪を出発

・東京に着いたら速攻電車でJR鶯谷(東京キネマ倶楽部がある)へ

・ライブ後、カプセルホテルにて宿泊

・20日はライブ後すぐに高速バスで大阪に帰る

 

こんな感じです。

バスジャック事件後すぐだからといって、

やはり新幹線の3分の一ほどの値段で行ける高速バスは外せません。

宿泊も一泊で済むようにしました。

 

計画を立てた時点では、まさかこんなにスリリングな展開になるとは、

夢にも思っていませんでした(→その2へ続く)。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です