11月 062017
 2017-11-06T03:24:43+00:00

ギターの習作 by J.F.Kooya

【絵:ギターの習作 (2011)】

昨日のエントリで、花の写真を全体とアップと二枚掲載しましたが(これはちょっと違う写真ではあった)、同じような掲載方法をサイト(作品集のページ)に絵を掲載するときにも試みようと思っています。今回はそのテストみたいなもんです。

どうでしょうか。原画の雰囲気がより想像しやすくなったのではないでしょうか。

 

ギターの習作(部分) by J.F.Kooya

【絵:ギターの習作[部分] (2011)】

これは写真に撮影したものなので、それほど拡大できませんし、細部もあやしいですが、スキャンだったらもっとくっきりと拡大できます。

こういう掲載方法は実はサイト開設当初から考えていて、当初あった(今も見れなくはないですが)作品ギャラリーでも作品に近づくと、細部を拡大してみることができます(ドットは荒くなってしまいますが…)。あたかも美術館など現実世界の「ギャラリー」で作品に顔を寄せてじっくり鑑賞するようにウェブ上でも観られたらいいな…という思いから、考案したのがそれでした。

大きいサイズの画像を用意して、それを拡大縮小操作する、グーグルのアートプロジェクトみたいなのでも良いのですが、今回は、特別な操作は無しで、全体画像+部分拡大画像数点…というのを考えています。それプラス、コメントやデータなんかも載せようかな。

問題は、何かと手間なことでしょうか…。こんなこと言ってるけど、結局実現できず…ということも十分ありえますので、まあ、期待せずにお待ちください。

あ、そうそう、今回の作品について少々。習作、オイルバーによる試し描きも兼ねて、ではありますが、なかなかいい感じではないでしょうか。やっぱオイルバー良いよなあ…とは思うのですが、乾きづらいし、表面も心配…と、コンペに応募するには不向きなので、出番が少なくなりがちなのが残念です。あと、値段がお高い…(汗)。でも、実は今年もこれで描いたりしてましたし、また使用すると思います。

それでは、また。

 Posted by  タグ:, このエントリーをはてなブックマークに追加

 コメントする

次の HTML タグおよび属性を使うことができます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)