3月 042018
 2018-03-04T04:08:58+00:00

どうも。なぜだか続けてGoogle翻訳がらみになってしまいましたが、これも気になっていたので…。

サイト開設当時は頑張って英語版ページも別に設けていたのですが、更新しているうちに自然と無くなってしまいました。手間ですし、辞書とか検索とかしながらどうにかこうにか下手糞な訳をこさえるザマでしたので、時間がかかってしょうがないのです。

それで、本当に必要な人はアドオンとか何やらでやるだろうし、そもそも外国からうちのサイト見に来る人なんてそうそういないだろうし。…なんて言ってそんなりにしていたのですが、どこか心残りはあったのです。

そうこうしているうちに時は2016年…いや2017年初頭?ごろでしたでしょうか。Google翻訳が進化してかなり正確に訳してくれるようになった、とIT関連ニュースサイトやらSNSやらで話題になったのは。
以前の機械翻訳といえば、特に日本語訳などは笑いのネタにされるほど酷いものでした。ところがここに来て人工知能だかニューラルだかディープなんちゃらだかを取り入れることで飛躍的に精度を向上させたのでした。

よしこれだ!…というわけでそれから1、2年して遂にその最先端技術を活用するに至ったわけです…!(遅ッ!)

いやまあ、単に先日の記事の下調べの途中でウィジェットを設置しましょう!みたいなオフィシャルの宣伝?を見て、あ、そういえばやろうと思ってたんだった。と思い起こしただけなんスけどね。その時点でチャチャッとやればいいのでしょうけど、「後で」って置いといたらいつの間にか忘れててその後も関連記事見るたびに「そうだ」と一瞬思い出すけどまたすぐ忘れて気が付けば2年経ってました、みたいな。「どーせ大して意味の無いアレだし。どーせ外国の人がこんなヤツに興味抱くわけも無いし(いやしかしまてよメーラーの炎アイコンのフォルダには毎日“hi!”なんて気さくなタイトルの親書がワンサカ届いているので日本では無名でも海外では密かに人気者なのかもしれん…これはきっとよくある逆輸入的なアレの予兆か…)」なんてネガティブな感情も影響してたりしますが。

というわけで、過去のウェブ展覧会ページ(xmlのヤツ)以外にはページ最上部(見映えとか考えると位置やサイズをもうちょっとなんとかしたいところですが、あまり融通ききませんし、とりあえずこれで。)に設置しましたので、よろしくお願いいたします(前のままの場合は一度リロード(再読み込み)すると出ると思います)。翻訳後は、トップページ(ホーム)と作品集(ギャラリー)のページで作品拡大表示時にタイトルが出ない、「戻る」「次へ」ボタンが反応しづらくなる、右端の縦書き文章の表示が崩れる、一部ページで文字どうしが重なって見づらくなる、といった不具合を確認していますが、もしそれ以外にバグやご意見などございましたら、コメントやメールやツイッターなどでお知らせくださるとありがたいです。

それではまた。

追記: 3/1 時点ではブログには付けてなかった。 3/4 ブログにも設置しました。多少でも重くなる?のと、やっぱり見た目も気になるが、とりあえず様子見。この記事も追記以外は3/2に仕上がっていたのだけど、ブログどうしよっかな~とか考えてたら今日になってしまいました。

 Posted by  タグ:, , このエントリーをはてなブックマークに追加

 コメントする

次の HTML タグおよび属性を使うことができます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)