12月 312016
 2016-12-31T19:55:32+00:00

【絵:Rakugaki Girl 2016-01 (2016)】

なんというか、今年は、特に成果の無い一年でした。成果が無い、というのは、コンペに入賞せず、仕事の依頼も無かった、という意味です。

コンペに出した作品はアップしていませんが、そこそこ時間をかけていたり、自信があったりしたので、リベンジ(作り直し)したいな、と思っており、それゆえ公開せず温存しているわけです。
うっかり自信があったりしてしまうと、ショックも大きくて、しばらく落胆して暗い気持ちで過ごしていたりもしました。

で、今メインで使っている技法も、あれこれ工夫を重ねてきたものの、あまり評価されていない感じがしますし、なかなか欠点も克服できませんので、まあ、いったん置いといて、ちょっと別の技法をメインに据えてやっていこうかな…と考えてもいます。その辺また研究を重ねていくのが来年のテーマの一つです。

そんなわけで、皆さま、今年も一年お世話になりました。来年もまたよろしくです。どうぞよいお年をお迎えください。

 

P.S. そうそう、今年は早々と年賀状出し終えて、悠々と年末を過ごしております。きっと出した人には元日にご覧いただけることでしょう。毎年切羽詰まって焦って書いていたので、ちょっぴり感無量です!毎年こんな感じでいきたいですね。

10月 302016
 2016-10-30T04:31:53+00:00

写真「sun」 by J.F.Kooya

【写真:sun (2008)】

 

 

 

写真「bird」 by J.F.Kooya

【写真:bird (2008)】

 

 

 

写真「hamon」 by J.F.Kooya

【写真:hamon (2008)】

 

2008年の写真です。
なんとなくタイトルも付けてみました。

しかしもう8年前ですか…早いですね…。グループ展とかやってた頃じゃないですかね…。いやー…頭がくらくらしますね。もうそんなに経ちますか……。なんつーか、ほとんど状況が変わってないのにむやみに歳だけ食って増えたのは身体の不調くらい…というのは、なかなか泣けるものがありますな…。

まあ、多少大げさ目に言ってみてはいるのですが、その間に得たものが、まともな人生を歩んでおられる方々に比べれば相対的に見て著しく微々たるものであるのに違いない、ということはほぼ疑いのないところではあります。

…すみません、時の流れに激しい殴打を加えられて脳の震えが収まらず、動揺したまま何やら訳の分からないことを書いている気がいたしますので、今回はこの辺で……さようなら…。

8月 112016
 2016-08-11T12:36:38+00:00

大阪 梅田 2009年 その1

 

 

大阪 梅田 2009年 その2

 

 

大阪 梅田 2009年 その3

 

 

大阪 梅田 2009年 その4

【写真:大阪 梅田 2009】

もっと古いのとか、フィルムで撮っていたころのものとかもあるので、なるべくアップしていきます…多分…。

 

8月 072016
 2016-08-07T04:10:32+00:00

ラクガキ 140131-02 (顔)こんばんは。今回はちょっと久しぶりに絵…まあ、ラクガキですけど…をアップしてみます。
こちらは
【ラクガキ 140131-02(2014)】
…とでもしておきましょうか。インクの上に油彩で黄色を重ねているのだと思います…多分…(2年も経っているとほとんど覚えていなかったりする)。水と油ははじき合うのでインクが溶解しなくていいのですが、紙がはくり紙なので定着が弱く、これはこれで問題があります。

この技法はなかなか面白いと自分では思っているのですが、難儀なことも結構多く、やっぱりオーソドックスな技法の方がいいのかもな…という気もしています。
試しに描いてみるときは人の顔を描くことが多く、これもそうなのですが、こういうお試しの時に結構良い表情が描けたりするので困ります。

 

ラクガキ 140131-03 (顔)次もお顔です。
【ラクガキ 140131-03(2014)】
同じようにインクの上に油彩で青色を塗っています。これは(上のものと違って)一応正面から撮っていますが、ちょっとツヤが出てますね。
紙の色が黄色っぽいので、青がなかなかいい感じに載っている気がします。「色が載る」ってこの漢字でいいんでしたっけ…?
ところでこれはどういう場面なのかイマイチ判然としないのですが、この感じのテクスチャで作品作れば結構かっこいいヤツができそうな…??頑張ろう…。

 

 

 

 

 

 

ラクガキ 140131-04 (魚)

はい、最後はこちらです。
【ラクガキ 140131-04(2014)】
魚…みたいですね。多分適当に描いているので実際にこんな魚がいるのかどうか怪しいものですが、まあ、どちらかといえば犬や猫というよりは、まあまあ、魚っぽい気がしますので、良しとしましょう。
彩色はしていません。尾びれとか結構リアルに見えるのがいいですね。なんとなく焼き魚みたいな雰囲気がありますが…。さりとて美味しそうでもないですけど…。

…というわけで、「作品として公開するほどでもないけどまあまあいい感じに見えるラクガキ(習作?)」を載せてみましたが、いかがでしたか?いかがもなにも、「ふ~ん」ってところかとご察ししますが、未公開作品や写真もかなり溜まっていますので、できれば公開していきたいです。……が、今回、改めて公開用に画像を加工するのってクソ面倒臭いな、と再確認しましたので、よっぽど頑張らなければ、次は年賀状あたりでしょう。

ではまた!

 

8月 062016
 2016-08-06T01:38:54+00:00

こんばんは。

久々の更新なのに絵も写真も出さないってどうよ、とも思わないでもないのですが、今回は、前々から温めていた企画「検索ワードQ&A」というのをやってみてしまいます(同種のものがすでにあるかもしれませんが検索しません)。

小生、大した訪問数も無いくせに、アクセス分析なんかもやってみたりしております。で、検索語の中に、ああ、それは…なんて、答えてあげたいものがあったりしますので、「せっかく詮索してお前のサイトが出たから行ってみたけど求めていたものが無いじゃないか」とお嘆きの方に、直接ご返答申し上げよう、というわけです。

それではさっそく。

 

倉橋ヨエコ 現在

…なるほど、たしかに気になりますね…こっちが訊きたい…って感じです。検索しても出てきませんし、きっとどこかでひっそりと生活されているのではないでしょうか。ちなみに最近はあまり聴いていません。「昔から好きで今も聴いている」と「昔は好きだったけど今は(あまり)聴かない」の差は、いろいろとあるとは思いますが、インパクトの強い物は長続きしないことが多い…ような気がします。私の場合。

 

イラストレーター キャッシュ 削除

これ以外にも「イラストレーター なんちゃら」とかのワードでうちのサイト(ブログ)が結構引っかかるようですが、申し訳ないのがアドビさんのベクターグラフィックスとかDTP用の「illustrator(イラストレーター)」に関する情報を探しているのに当サイトに来てみたら職業区分の「イラストレーター」である私が書いた「ほにゃらら」に関する記事だった、というパターンです。実のところこんな紛らわしい名前を付けられて迷惑しているのはこっちの方だ、この糞野郎!なんて言って天下のアドビ様を怒らせるわけにはいかないので、こちらで対策をするならば、検索する際に「イラストレーターCC」など、バージョン情報も付け加えてやると良いでしょう。

 

コインランドリー 泡が立たない

これです。コインランドリーあるあるですね。「洗剤は自動で入ります」とか書いてあるくせにどう見てもほとんど入ってない。おそらく店の人が洗剤を補充し忘れたか著しくケチっているかでしょう。店内に連絡先があればそこへ、隣の風呂屋かクリーニング屋か何かがやっているところならそちらへやんわりと苦情を言いましょう。液体とかの水に溶けやすい洗剤を持参して追加投入もいいかも。「お前がそんなこと言うから実践したらおっさんと口喧嘩になった」とかいうクレームは一切受け付けませんので自己責任でお願いします。

 

【○○コンペ 結果

…これも気になりますよね…。でもまあほとんどの人は落選するに決まっていますので、この際コンペに応募したことなんてスッパリ忘れて、次の作品の構想でも練りましょう。人生において何が無駄かって、知る術もないことを気にしたり妄想したり検索したりというのがだ、というのが「果報は寝て待て」というやつです。どうせ落選、どうせ何やったってうまくいかないのが人生ですよ……

 

…というわけで、どうせこんなの書いたって誰も見ないような気がしてきたので、この辺でおしまいにしましょうか…はあ…おじさんもう何もかもイヤんなっちまった……「人生 この先 どうする」…ぽち…

7月 032016
 2016-07-03T05:41:46+00:00

どうもご無沙汰してます。皆様いかがお過ごしでしょうか。

このブログの記事だけで見ると、正月からいきなり夏にワープしているので、ログ…記録としてはまるで体を成していないわけです。しかしながら、現実の生活だって、案外それと大差無いのかもしれません。まあ、今はかろうじてこの半年のことをいくつかは振り返ることもできるかもしれませんが、一年もしてみればほとんどのことは忘れてしまっているはずで、数年も経てばそれこそまさにこのブログのようにまばらな記憶を残すのみでしょう。

まあ、そんなことはどうでもいいのですが、今回はほんの少し、ちょっ…ぴりだけ重要なお知らせがあります。

実は、このサイトのデータを保存してあるコンピューターが変わりました。要は、古いPCに保存してあったデータを新しい(多分新しいはず…!)PCに移した、ということです。それで、その影響が多少はあるかもしれません。私が確認した限りでは大丈夫なようですが、見落としている箇所があるかもしれませんので、一応お知らせしときます。

それ以外にも、内部的にアップデートやら何やらいじってたりもしますので、不具合等ございましたら、お知らせいただけますと幸いです。

ではまた。

 

1月 012016
 2016-01-01T01:01:55+00:00

2016年の年賀状

【イラストレーション:HAPPY NEW YEAR 2016 (2015)】

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

上は今年の年賀状です。去年のはなんか落ち着いた感じでしたが、今年は楽しげな感じになりました。やっぱお正月は楽しいのがいいかもな~。

さっき、前のエントリではちょっと暗い気分になってしまいましたが(昨年は、自分なりにいろいろ努力したことが実を結ばなかったので、落ち込んでしまっていたのです)、今年は、素晴らしい一年になるに違いありません。きっと、すごい、何かいいことがある…そんな気がします。…そう、なりますように!まあ、実際毎日愉快に、無難にすら過ごすのは難しいかもしれませんが、最終的に振り返れば、素敵な…でなくても、そこそこ、悪くない一年だったと言えると…いいと…思います。

………

……なんでしょう…人間うまくいかないと望みが小さくなるもんなんですかね…いや、でも、世界を見渡せば、毎日ミサイルが降ってきたり、爆発があったりするところもあるわけで、そうでないだけでもありがたいのは確か…。…ではありますが、やはり、もう少し何とかしたいですよ。本当になんとかせねば。それはそれとして。

それで、その一環として…というわけでもないですが、このブログ及びサイト全体的に、少し、手を入れようと思います。自分では、今の時代に合うように、スマホ等でも見やすいように…したつもりだったのですが、残念ながら、機能的にうまく、意図通りに行ってないところもありますので、なるべくどんな環境にも対応できるようにする予定です。

それではまた。みなさんお元気で。

12月 312015
 2015-12-31T22:24:58+00:00

グリーンさん

【絵: グリーンさん (2009)】

特に良いご報告も、連絡事項も無いので何も書かないでいたら半年ぐらい経っていて、気が付いたら間もなく今年も終わりです。

なんというか、残念ながらなかなか上手くいってない感じです。来年こそは何とかなるといいのですが。

気軽に絵や写真をアップできたらいいのかもしれませんが、作品集向けではなく、他人に見せる気がしないものでもない、というのはなかなか選ぶのが難しくて、もういいや、ってなってしまいます。写真もそのままだとちょっとあれだし、とか言ってると、結局このざまです。SNSとかでバンバン写真公開してる人がうらやましいです。

漫画の連載も、労力のわりにろくすっぽ見られていなかったりして、そう思うとすぐやる気無くなってしまいます。

「誰にも知られずコツコツと…」みたいのは無理っぽいですね…。

まあ、そんなしょうもない年の瀬ですが、みなさんは良いお年を。

 

あ、そうだ。いつもよりも早く(といっても昨日)年賀状を出せた…というのは良いニュースかも…!………やっぱしょーもないな…

 

6月 192015
 2015-06-19T01:09:11+00:00

どうもご無沙汰です。またまた前回のエントリから3か月くらい経ってますね…。「1か月も空いてしまって~」とか言ってた頃が懐かしいですね…。まあ、こんなもんですよね…お別れでやたら寂しがって潤んだ目で相手を見つめて遠くから手を振って、まあ、それがピークで、あとは醒める一方ですよ。お手紙だって張り切って何枚も書いてるのは最初だけで、じきにネタも無くなって面倒にもなって1か月2か月半年1年と空いて気が付けば思い出にアーカイブされて引っ張り出すのすら億劫になって朽ちてゆくだけ…。

箪笥の肥やしになるというのは、朽ちるから肥やしになるんだな…。でも、肥やしになるのなら、それはそれで悪くはないのかもしれない。今までに溜め込んだこんなつまんない記事でも、たまたま検索してきた人の役に立つってこともあるかもしれない。それはつまりインターネットの肥やしみたいなもんで、そこから新たなコンテンツが芽吹いてくれれば、こんなにうれしいことはありません。嗚呼、それは時の流れを隔てて私とあなたがつながった瞬間。

SNSで刹那のつながりに夢中になるのもいいでしょう。でも、ほら、ご覧なさい。開闢以来先人の遺してきた書物、アート、いや、骨やDNAの断片ですら、現代に生きる私たちに語りかけてくるじゃありませんか。

日々の何気ないつぶやきもひょっとしたら何百年後の人類の心を打つかもしれない…。

そんなすばらしいtwitterのがっかりなところ。それは、非常にしばしば、ユーザーに不必要なものを押し付けてくることです。

 

つい最近も「こちらもおすすめです」などといって精度の低いリコメンドを個別ツイートページにくっつけてきました。

ジョブズなら何というでしょうか。

あの、洗練を愛したジョブズなら何というでしょうか。

 

「やれやれ」

彼はこうつぶやくといつものように顎をしゃくってエンジニアに指図しました。

「こいつを消してくれ」

「へ、へい!」

私は、体中から汗を染みださせながらモニタを凝視し、大慌てで以前作った「ストイック・ツイッター」にコードを書き足しました。

 

―というわけで、「こちらもおすすめです」がうざすぎて我慢ならなかったので、消えていただくことにしました。
↓ こちら(当ブログ過去記事)をご参照ください。
ツイッターのフォロー・フォロワー・ツイート数を非表示にする
(※ついでに「こちらもおすすめです」も「トレンド」も「おすすめユーザー」も消します)

 

 

「ででででできました」

「ご苦労。……んん?」

「!?」

「…こいつはSafariに対応してないね」

「はッ!!!」

「まずは君に消えてもらおうか」

 

 

(おしまい)

3月 142015
 2015-03-14T00:47:51+00:00

DEAD ROOT(枯れた根の写真) by J.F.Kooya

【写真: DEAD ROOT (2013)】

どうもこんばんは。
もうそろそろ正月も終わりか、どれブログでも更新してやろう…と重い腰を上げたら、いつの間にか3月になっていてビックリです。

 

さて、写真は枯れた根ですが、英訳すると”Dead Root”みたいです根(ね)。字面を見ると”Dead”となっていてドキッとしますが、「枯れた」状態のことを”Dead”と表現するのには納得します。

そう、植物にだって生き死にはあって、枯れた植物は彼らの亡骸なのです。木製のテーブルや椅子は、動物で言えば皮や骨でできていると考えてよいでしょう。

野菜はどうでしょうか。土に植わっている時はもちろん「生きて」いるわけですが、収穫された新鮮なレタスやトマトは差し詰め「白魚の踊り食い」といったところでしょうか。

私はよく「収穫」するのが少し苦手な理由はそこにああります(もっと大きくなるのではという期待や面倒くささもあるが)。せっかく育ったのに殺してしまうのがむごいことのように思われ、葉や実を切り落とすハサミに伝わる命を絶つ感触が恐ろしいのです。

植物を食べることも動物を食べることも罪ではないでしょうか。

私は食べますが。

 

ところで、写真に戻りますが、これ、顔みたいに見えてちょっと怖いですね。「死にたくねえ~!!」とか断末魔の悲鳴が聞こえてきそうです。でもかっこいい。骨もそうですけど、遺骸がかっこよく見えるのはなぜだろう…。

ではまた。